ゴルフスイングでヘッドが走らせるコツを吉田一尊さんが伝授!加速は右足、左足の体重移動で覚えよう!【動画】

今回はレッスンプロの吉田一尊さんが下半身でヘッドの走らせる方法を徹底解説!右足、左足の体重移動を上手に使えば、ヘッドは簡単に走ってくれます。捻転差が生まれても、フィニッシュで右に体重が残って打ってしまう方やスムーズな体重移動が苦手な方は今回の動画をぜひ参考にしてみてください!

捻転差が生まれているのに、右に体重が残る方は要注意!

グランディスタTVをご覧の皆様、吉田一尊です。今回も下半身シリーズとして下半身の使い方をお話ししたいと思います。

今回は回転の動きはできてるんだけども、横に移動がちょっと少ない人、例えば捻転差が生まれても、ちょっと右に残って打ってしまう方やそういう方向けの方法なんですけども、意識としてはこの左右の揺さぶりですね。

右左に腰を揺するんですけども、一瞬右に揺すって、その揺すった反動で左に(体重が)来る。でー揺すった反動で左に左に来て、左に来た瞬間に戻す。右、左、右っていうイメージですね。

自分の手ではなく、体重移動を使ってクラブを操作しよう

右に一瞬揺することで、その揺すった勢いで腕で上がったクラブが上がってきて、左に(体重が)移った勢いで(クラブヘッドが)ついてくる。さらに右に戻す勢いで追い抜く。

全部体の横の動きを意識して、クラブを動かす。自分で上げたクラブを下ろすんではなく、横に(体重が)いくことでクラブを上げてきて、左に(体重が)いくことでクラブを引っ張ってきて、右にも取ってきてクラブが追い越す。この動きを意識します。

ただこれは左右に移動ができてる人がやると移動しすぎてしまうので、どっちかって言うと移動量が少なくて、その場で回ってしまうような人はこの動きを入れていただくと左右の移動がしやすくなってきて、結果的に踏み込んでいけるっていう動作もしやすくなります。

ヘッドが体をを追い越す、その感覚を覚えるのがポイント

この練習のポイントは腕はだらーんと垂らしていくような感じにしていただいて、右行って左行って戻る。右、左、戻る。

このときのポイントとしては、戻る時に戻っただけのヘッドが体をを追い越す。自分で手を使って同化させるのではなく、だらんとしたものが右、左、右で戻る。結果的に体を戻す動作で手が(ヘッドが)追い越していく感覚を身につけていただいて、それを実際のフルスイングでも手を使うんではなく、体重が移っていったものを戻ることで結果的にヘッドが走る。

こういうことを意識していただければ、ヘッドが勝手に走ってくるのでこれも試してみてください 。

詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓