ゴルフスイングは右肘の使い方!ドライバーの右肘操作方法を吉本巧プロがレッスン【動画】


皆さんはゴルフスイングで右肘の使い方をマスターするにはヘッドカバーを挟んで打つドリルがおすすめ!と誰かに教えてもらったことはありませんか?ダウンスイングで右肘が締まって下りてくるとパワーがが蓄積され、ヘッドの加速もつきますし、インサイドからヘッドが下りてきやすくなるので方向性も安定してきます。今回は吉本巧プロがヘッドカバードリルの正しい実践方法を解説する動画をご紹介します。おすすめですのでぜひ参考にしてみて下さい。

ドライバーの飛距離アップにつながる右肘の動かし方

こんにちわ。ゴルフコーチの吉本巧です。今回はドライバーの飛距離アップさせるためのダウンスイングの右肘の動かし方をご紹介していきます。

そこのドライバーの飛距離をアップさせるにはこのダウンスイングで右脇が閉まった状態で右肘というのがこのような感じで右肘が体の前に移動できる状態が理想的になります。

例えばインパクト時に右脇が空いてしまったり、右肘が動かない状態になってしまうと力がしっかりボールに伝わらなくなってしまいます。

右肘の動きをマスターするための正しいヘッドカバードリルとは?

この動きを実現するために過去にヘッドカバーを右脇に挟んで、ダウンスイングでこのヘッドカバーが地面に落ちないように意識して素振りをするということを聞いたことあると思います。ですが、この意識というのは少し危険になります。

というのもトップのポジションからダウンスイング下ろした時にこのヘッドカバーを挟んでこのヘッドカバーが地面に落ちないようにするということはこの右肘の部分、右脇とこの体のこの側面の部分がピタッとくっついた状態でおろしてくるということになりますね。

そうなってしまうとこの右肘というのが動かなくなってしまってヘッドカバーは落ちないんですが、右肘が十分に移動できなくなってしまいます。

締まりながらもターゲット方向を向くのが正しい右肘の動き

ダウンスイングでのこの理想的な右肘の動きというのは右脇が閉まった状態だけで体を動かすのではなくて、右脇が閉まりながらも右肘がターゲット方向に移動できるというのが理想的な動きになります。

なので例えばこのヘッドカバーを右脇に挟んでダウンスイングしていくのであればダウンスイングしていきながらヘッドカバーを落ちないように意識しつつフォロースルーにかけては右肘がターゲット方向に移動するのでヘッドカバーっていうのは必ず地面に落ちないといけなくなります。

絶対に最後のフォロースルーまで無理矢理ヘッドカバーを落とさないようには意識しないでください。

トップのポジションからダウンスイング降ろしてきて、この右脇が閉まった状態でダウンスイング降ろしてきて、その後も引き続き右肘は移動していてフォロースルーにかけてヘッドカバーを地面に落とすということ意識してみてください。

ヘッドカバーを挟んでいる状態ではバックスイングが小さくなっても問題なし

これ今度はクラブを持って実際にこの動きをご紹介していきます。まずは自分にヘッドカバーを見分けに挟みますのでこの状態からバックスイングしていくんですが、トップのポジションまであげれませんのでバックスイングが小さくなっても問題はありません。

悪い動きというのはトップのポジションから最後までフォロースルーまでがヘッドカバーが落ちないという形になるんですが、ダウンスイングで右脇のヘッドカバーを落とさないように意識しながら下ろしてきて、その後フォローするにかけては必ずこのヘッドカバーが地面に落ちるように意識してください。

これが理想的なダウンスイングの右肘の動きになります。その余韻を残した後、実際にボールを打っていってください。今日ご紹介したドリルは室内でも実践できますのでぜひですね、この右脇にヘッドカバーを挟んでダウンスイングを行って、その後右肘を入れていってフォロースルーでヘッドカバーを地面に落とすという動きを試してみてください 。

 詳しい動画の内容が知りたい方は画像をタッチ!(PCはクリック)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓