芹沢プロが徹底解説!松山英樹プロの高弾道アイアンショット

今回は役に立つゴルフ動画を1本ご紹介します。芹沢信雄プロの松山英樹選手アイアンショットの解説動画です。テーマはハイボールのアイアンショットを打つためにはどういう風にクラブを振れば良いのか。超絶テクニックを分かりすく解説する内容となっております。特に初心者ゴルファーにおすすめです。

手先で上げない!クラブの上げ方はショルダーから

【芹沢プロ解説】

松山選手のですね。アイアンです。正面からですね。基本ですね。ドライバーとほとんど彼は変わらないタイプです。ただアイアンの場合、これはミドルアイアンですが、多少はウェイトがドライバーより少し左にかかってると思いますね。ボールの位置も少しセンターですね。クラブの上げ方は全く同じですね。肩からショルダーからですね。これはもう一回やりますけど、よくアマチュアの方はこの時点であげてきた時にヘッドが先上がってしまう方がよくいますよね。

内腿筋の絞り、そしてトップで先に下半身が少し沈む!

【芹沢プロ解説】

このように左腕、シャフトが一体感、まっすぐですね。それだけ肩からから入ってるということです。そこからドライバーと同じように右の内腿筋の絞りですね。ここに壁がありながらボールに対して顔は真正面を向いてます。そのままあげてきますね。これが完璧にトップまで行った瞬間、このプロの特徴である切り返しです。先に下半身がちょっと沈んでます。そして、この下半身リードがするからこそトップとの間ができて、この時点でクラブが溜まってくる。

パワーが溜まるレクサスの「L」字型で切り返し

【芹沢プロ解説】

この時、腕は平行ですが、クラブは直角になって「L」ですね。レクサスの「L」です。覚えておいてください。この時、腰は左へ回ろうとしてますね。それでクラブが右脇締まったままでこれからクラブが上から入って来やすい状況を作ってますね。ですから少し顔が残ったまま、大きなフォローするのでしっかりとフィニッシュで止まれる。

テークバックでは腰がしっかり我慢する

【芹沢プロ解説】

次に、後方からです。これもすごく大事なのはスイングプレーンですからショルダーから左腕シャフトが一体感をもって腰の高さまで来ます。ここでトップスイング、その時、腰が見てわかるように腰が少し我慢をしています。やっぱりドライバーに比べると少しコンパクトになりますよね。そしてトップ上がった瞬間に一回下が動きます。

ダウンでは捻転差が発生、これがハイボールの源

【芹沢プロ解説】

ダウンスイングに入っていきますが、この時腰が正面向いてますよね。なのにクラブはここにいるっていうことははそれだけ時間差が出来てきますからクラブの捻転、ここからの腰がもし左で回ろうという力が上との捻転の差が出て一気にインパクトからフォローに出ていきますから、日本人には稀な高い球、そしてヘッドスピードが出ます。フォローも大きいです。上から攻める選手ですよね。ですから本当はハイボールを打てる選手ってのは久しぶりに松山選手ぐらいだというぐらいアイアンの性能も凄いですし、高さも素晴らしいですね。

松山選手のアイアンを見ていただければわかるように、彼のスイング要するに今のアイアンの精度ってのは世界でも五本の指に入るくらい素晴らしいスイング、それといいバランスをしていると思います。

ですから、マネしようってのは大変難しいですけど、アイアンを無理やりに打ち込むわけではなく払う気持ちで打っていっても体重のウエイトが最初から左に乗っていれば、ドライバーと違ってダウンに入れますね。無理やりに突っ込んでダウンブローに打つという意識はなくしていただければ高いボールも打てると思いますので是非皆さんも練習してみてください。 

内容はいかがだったでしょうか?参考になりましたでしょうか?

詳しくは以下の動画をcheck!!

↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓