初心者必見!ゴルフのトップの4つの直すコツ

ゴルフのトップは狙った方向へボールが飛ばない、飛距離が普段と落ちるなどのミスショットです。トップは意識を変えるだけで防ぎやすくなります。今回はゴルフのトップを直すコツを4つまとめました。

ボールがあった位置を見続ける

ボールがトップになる原因は、体の状態が上がり、ボールと手首の距離が開いてしまうことです。目標を意識してしまうあまり、頭が上がってしまうヘッドアップになりがちです。アイアンやウェッジなどは、ボールをピンへ近づけることが目的なので、インパクト後すぐボールの行き先やピンを見てしまいがちです。

ヘッドアップしないスイングは、ボールがあった位置を見続けるのがコツです。ボールがあった位置を見続けることで、ひざや股関節が伸びたりせず、体が起き上がる心配はなくなります。

重心を置く位置に注目

重心を置く位置は次の3点でどこに置くか意識しましょう。

・アドレス

・バックスイング

・フォロースルー

アドレス時は、重心が足の親指の付け根にかかっていることが重要です。かかとに重心があると、体が浮き上がってしまうので注意しましょう。

バックスイング時は、重心を右足の土踏まずで受けとめ、ダウンスイングに入るときは地面を左足で踏みつけるようにしましょう。

フォロースルー時は、左足が外に流れることがなく、土踏まずに重心が乗っていることを意識しましょう。右足は地面に付いていることを確認すると、よりキレイな重心になります。

アゴを引く

トップにならないようにするためには、前傾姿勢を保つ必要があります。そのためアゴを1cm程度引くと、前傾姿勢を保つことができます。アゴを1cm程度引くことで、グリップが浮きにくくなり、スイングの最下点も上がらなくなります。アゴを引いたまま、スイングを開始し、ボールを打つようにしましょう。

飛ばしたい、打ったボールを気にしすぎると、体は浮き上がりやすくなりがちです。そのためても浮き上がりやすくなり、体の状態が崩れてしまうので注意しましょう。

右に押すイメージを持つ

トップになる原因の1つとして、スイング中に左肘が曲がるケースが挙げられます。インパクトの瞬間に両腕が伸びた状態でボールを捉えれば、パワーが最大限に伝わります。手や腕だけでボールを打つ手打ちの場合、左肘が曲がってしまうことがほとんどです。

左肘を曲げないようスイングするには、バックスイングの際に体の右方向にモノを押すイメージでクラブを上げましょう。また、インパクトからフォローまで、クラブヘッドを目標方向に低く長く出す意識を持つと、左肘を伸ばしたスイングになります。

今回紹介した4つのコツを確認し、トップを直しましょう!