初心者必見!ゴルフの手打ちってなに?

ゴルフの手打ちは、力がある人は飛距離をある程度出すことができますが、ミスショットにつながるので、直したほうが良いクセです。今回はゴルフの手打ちになる原因、確認方法、直すための練習方法をまとめました。

手打ちとは腕主体のスイング

ゴルフの手打ちとは、体のターンと腕が同調していないスイングのことです。体のターンがあり、ターンに同調して腕が振られるのが本来のスイングです。手や腕だけでボールを捉えようとするあまり、体のターンと関係ないところで腕が振られてしまっているのが手打ちのスイングです。

手打ちのスイングでも、力がある男性でもボールを打つことができます。しかし、手や腕だけのスイングだと、運動の主体が上半身にあるため、スイングのバランスが悪くなってしまいます。上半身と下半身の動きがバラバラだと、スイングの軌道が不安定になり、ミスが増えます。

手打ちの原因

手打ちの原因は、手を積極的に使ってはいけない箇所である、インパクトゾーンで手先を使いすぎることが挙げられます。ゴルフに慣れていない初心者の内は、体を正しく使うことに慣れていないため、体を止めて手先や腕でクラブを動かしたほうがボールに当てやすいため手打ちになってしまいます。

ある程度ゴルフに慣れてきて、手打ちになる原因は、手打ちをしないとボールが真っ直ぐ飛ばないことが挙げられます。クラブの面であるフェースが開いてしまっているので、手打ちになることが多いです。

手打ちになっているかの確認方法

自分のスイングが手打ちになっているかは、スローモーションでボールを打つことで確認できます。いつものスイングで6秒程度はかけ、ただスイングのスピードを落とすのではなく、スイングの始まりから終わりまで一定のスピードで動くのがポイントです。

手打ちの人は手でボールを弾いているため、インパクト付近でクラブのスピードを落とすことができないので、スローモーションのスイングをすることができません。スローモーションのスイングになれるまで何回も練習しましょう。