初心者必見!フェアウェイバンカーからのクラブの選び方

フェアウェイバンカーとは、ミドルホールやロングホールの2打目地点周辺に作られたバンカーのことです。使用に適したクラブは状況に応じて、変わってきます。今回は、そんなフェアウェイバンカーでのクラブ選択についてまとめてみました。

事前に状況確認をしっかり行っておきましょう

フェアウェイバンカーは多くの場合、グリーンまでの距離も200ヤードや150ヤードなど距離のあるショットが求められる状況が多いです。平坦だとは言え、やはりバンカーですのでボールの下は砂になります。もしクラブヘッドが手前に入ってしまうと、ソール幅の狭いアイアンでは手前に潜ってしまい、上手く距離を稼ぐことができません。

フェアウェイバンカーからのショットを上手に打つためには、まずは“ライ”と“アゴの高さ”の確認が必要です。フェアウェイバンカーにボールが入ってしまったら、まずはその状況を調べ、どのように次のショットを打つべきかを考えましょう。

フェアウェイバンカーにもアゴの高いものがあります。もし平坦なフェアウェイバンカーだと判断したら、目標を決めて、どのくらいの距離を打つべきなのかを決めます。目標まで150ヤードなのか200ヤードなのか、その場合はどのクラブを持つべきなのかを選んでください。

フェアウェイウッドの特性について知ろう

フェアウェイウッドはアイアンに比べて重心が低いので、ロフトのわりにボールが上がりやすく、長めのクラブでなので距離を稼ぐこともできます。

また、ソールが広めなので、ダフリを抑えてくれるというメリットも期待できます。フェアウェイバンカーはまず、FWやUTで飛ばせるかどうかを考えましょう。

FWやUTはアイアンに比べ、ソール幅が広いのが特徴です。FWやUTであればソール幅のおかげで潜ることなく、滑った上でクラブがボールにヒットするので、高く上がりやすく、必ず前に転がってくれて距離も稼げます。フェアウェイバンカーからのショットは、アイアンよりもFWやUTがカンタンです。

アゴの高いフェアウェイバンカーはアイアン

距離のあるフェアウェイバンカーショットは、どうしても距離を稼がなければならないので、番手の大きいクラブを持つことになります。打ち出し角が低くなるクラブを選択すると、アゴの高いバンカーでは、ナイスショットをしてもアゴに当たってしまう可能性が出てきます。

そこで、アゴの高さを越えられる番手を持つことが先決です。プロでさえ必ずその選択をします。ウェッジやショートアイアンを使って、アゴに当てずに出すだけのショットを選択しましょう。クラブは1番手以上大きめのアイアンを気持ち短めに持ち、思い切り良く振り抜きましょう。バンカーからのショットはダフリは危険です。「トップ気味に打つ」を心がけて下さい。

正しいクラブ選択でフェアウェイバンカーから確実に脱出しましょう

フェアウェイバンカーからのクラブの選び方、いかがだったでしょうか。フェアウェイバンカーは絶対に入れたくないハザードの一つです。

ただ、そのフェアウェイバンカーがなければ、OBや池、隣ホールへ行ってしまった可能性もありますし、ガードバンカーからのショットに比べ、フェアウェイバンカーからのショットは容易に脱出することができます。

フェアウェイバンカーからのショットは、あごの低いバンカーからはFWがおすすめで、逆にあごの高いバンカーからはアイアンを使って安全に脱出を図りましょう。