初心者必見!ゴルフのプッシュアウトの4つの原因

プッシュアウトは、ボールが右に飛んでしまうミスショットの1つです。プッシュアウトになることで、ボールを目標地点に運べず、スコアが落ちてしまうことがあります。今回はプッシュアウトになる原因を4つまとめました。

肩の回転が浅い

プッシュアウトが出てしまう原因は、バックスイング時に上半身を十分に回転させていない、方の回転が浅いことが挙げられます。スイングを正面から見た時に、基本のスイングであればバックスイングのトップでは、「左肩が右膝の真上かその内側」に来る位置が理想です。理想の位置は体重を右足に移動できていることで、クラブヘッドをその位置にすることができます。

体が十分に回転しているかは、左肩の位置を確認する以外に背骨の角度でも判断できます。バックスイングで右に傾いている場合、回転が浅いです。

シャフトが寝ている

プッシュアウトは、シャフトが寝ていることでも起きます。テークバック(スイングの最初にクラブを後方に引く動作のこと)からクラブヘッドが頂点にいき、ボールへ向けて振り降りるダウンスイングへの一連の動作である切り返しからダウンスイングにかけて、シャフトが寝てしまうとスイング軌道が乱れます。シャフトが寝た状態でおりてくることで、ヘッドの軌道が極端なインサイドアウトの軌道になります。そのため、ボールは押し出され、右へ打ち出されプッシュアウトになってしまいます。

インサイドアウトの軌道

プッシュアウトは、インサイドアウトの軌道で起こりやすくなります。インサイドアウトとは、バックスイングやダウンスイングでクラブは目標地点よりも内側で、インパクトで目標地点に接し、インパクト以降のフォロースルー時は外側にいくスイング軌道のことです。

インサイドアウトでは、ダウンスイングで右肘が上手く使えなくなり、腕の動きが制限されてしまうので、プッシュアウトが起こりやすくなります。右肘が右足の前に来たときに、肘を伸ばすことで解消されます。

セットアップ時にクラブヘッドを地面につけない

プッシュアウトは、セットアップ時にクラブヘッドのソール(底の部分)を地面に付けてしまうことで起こりやすくなります。クラブヘッドのソールを地面に付けることで、インパクト時に「腕の位置」「グリップの位置」「クラブの位置」のバランスが崩れてしまいます。アドレスやグリップ、腕の位置を確認して、スイングをすることで、プッシュアウトになりにくくなります。

プッシュアウトの原因は多く、自分の原因を突き止めしっかり直しましょう!