初心者必見!ゴルフのショートパットを外す4つの原因

ショートパットとは、カップまで短い距離から打つパッティングのことです。ショートパットを外す原因はフェースの向きが狂っていることやスイングのスピードが減速していることが挙げられます。今回はショートパットを外す原因を4つまとめました。

フェースの向きが狂っている

ショートパットは、フェースの向きが狂うことで外してしまいます。フェースが目標地点より左を向けばひっかかり、右を向けば右方へボールは打ち出されます。

フェースが狂うのは、打ち方に問題があります。インパクト(ボールにヘッドが当たる瞬間)でフェースがかぶる打ち方、開くことでミスショットにつながります。アドレス(ボールを打つための構え)でできた向きを維持するよう意識してスイングしましょう。

また、打点位置でもフェースの向きが狂います。打点位置が狂うことで、インパクトの衝撃でフェースの向きが変わります。

パターのヘッドが減速している

スイング時にパターのヘッドが減速することで、ショートパットを外してしまうことがあります。パターが減速することでインパクト時にフェースがぶれ、フォロースルーでヘッドが目標地点に出ません。

ショートパット時のバックスイングとフォロースルーは、フォロースルーをバックスイングより長く取るよう意識しましょう。長く取ることでヘッドが減速せず、ボールの回転が良くなり狙った方向へボールを打ちやすくなります。フォロースルーを長く取ることで、ボールが転がりやすくなるため、普段のスイングより少しだけコンパクトに振りましょう。

手が上手く動いていない

パッティングでは手の動きが重要です。パッティングで手をスムーズに動かしていないことで、カップを外してしまいます。

ショートパットだけでなく、普通のパッティングでもてとパターヘッドを一体化して動かすことを意識してスイングしましょう。手を動かす際は、手首の動きを入れないよう意識しましょう、不必要な手首の動きは、ヘッドを減速させ、距離感を手の力加減で調節してしまうため、注意しましょう。

肩のラインが平行になっていない

ショートパットを外してしまうのは、肩のラインがパッティングライン(ボールとカップを結んだ線)と平行になっていないことも原因です。からのラインがパッティングラインに対してオープン(目標地点側の足を他方の足より少し後ろに立つこと)に構えてしまっています。肩のラインが平行になるようヘッドをラインに対して垂直に構えるようにしましょう。

ショートパットを成功させることで、スコアアップにつながります。今回紹介したポイントを確認し、ショートパットを成功させましょう!