初心者必見!ゴルフのティーの高さで意識したい2つのこと

ドライバーショットのティーアップは、高めにセットするとボールはより遠くへ飛ばせます。ティーの高さは、ドライバーのヘッドからボールが半個分、飛び出している状態が理想的な高さです。今回は、ゴルフのティーの高さはどれぐらいの高さがベストなのか、まとめてみました。

なぜ「ティーの高さ」が重要なのか?

ゴルフにおいて、ティーの上にボールをセット(ティーアップ)して打つ事が、ルール上認められているのが、各ホールの第1打であるティーショットやローカルルールによって設置されたプレーイング4の特設ティーからのショットです。ティーアップしたボールは、地面のライの状況を気にせずに打つ事ができるため、ショットの難易度自体は地面から直接、あるがままの状態でボールを打っていかなければならない、アイアンやウェッジでのショットに比べて簡単です。

ただし、第2打でボールを打ちやすいポジションまでボールを運ぶということを考えると、ティーショットでどんな球筋のボールを打ち、コースを攻めていきたいのかというマネジメント感覚は必要ですし、事前計画に沿うような球筋のボールを打っていきたいというのであれば、ショットの「高さ」をコントロールする上で非常に重要なチェックポイントの一つとなります。

ティーの高さで意識したい2つのポイント

例えば、打ち上げの距離が長めのホールで少しでも遠くまでボールを飛ばして距離を稼ぎたいと思った時、あなたならどんなことを考えるでしょうか?

右利きゴルファーの場合、ボールを少し左側において、目線は高く、スイングはややアッパーブロー気味に振る。この質問に対し、そんな答えを返すことができる方は、かなりの上級者です。

一方、初心者など、あまりゴルフ経験が豊富ではない方の場合はそこまで考えることなく、いつもと同じアドレスといつもと同じスイングでティーショットを打つのではないでしょうか?

こういった場合に、あまり色々なことを考えずに、単純な方法でボールを高く上げられる方法が、ティーアップの高さをいつもより、やや高めにセットして打っていく方法です。

ティーショットでボールを高めにセットすると、クラブヘッドをボールの下から上に振り上げるようなスイングでクラブを振らなければ、ボールに上手く当てられないという心理が働きますし、アッパーブローでボールをつかまえるというイメージが出やすくなります。

アイアンで打つときは、低めにティーアップする

ドライバーショットに関わらず、コース内でティーアップしてボールを打つ時は、なるべく「長めのティーペグを使用すること」、「マネジメントに合致した最適なティーの高さを見つけること」の2点を意識してボールの前に立つようにしましょう。

一つ目の長めのティーペグを使用しなければならない理由は、短めのティーペッグで高さを調整しようとすると、ティーの長さにボールの重さを支えられるだけの余裕がなく、セット直後のアドレスの段階でボールがティーペグから転げ落ちてしまう場合があるからです。一度、据え置いたボールをもう一度、セットし直さなければならない作業は非常に面倒ですし、同伴プレーヤーの進行スピードを妨げにつながります。プレー中は、進行をスムーズに進めるためにも、なるべく長めのティーペッグを使うよう、心がけましょう。

自分のスイングに合った適切なティーの高さがどれくらいの高さなのかが分からない。そんな人は、まずは自分に合った最適なティーの高さを発見することから始めましょう。適切な高さを見つけるには、ドライバーのヘッドからボールが半分飛び出している状態を基準に高さを少しずつ上げながら調整していく中で自分に合った高さを探す方法がオススメです。様々な高さを試してみる中で構えた時にしっくりくる、なおかつボールが高過ぎず、低過ぎない高さで上がってゆく、あなたに合った「ティーの高さ」は必ず見つかるはずです。

最適なティーアップの高さは人によって異なりますが、打ちやすいと思えるティーの高さを見つけることが重要です。「安心感」が感じられる高さを見つけることは、自信を持ってティーショットに挑めることにもつながりますし、特に初心者の場合はドライバーというクラブへの「苦手意識」を払しょくすることにもつながります。