初心者必見!ゴルフのチーピンの4つの直し方

チーピンとは、ボールが逆くの字に飛んでしまうミスショットのことです。チーピンはミスショットの中でもスコアが伸び悩んでしまうミスショットの1つです。今回は初心者必見のゴルフのチーピンの直し方を4つまとめました。

右足のつま先を45度程度開く

チーピンを直すためには、ボールの位置を普段より左(左足のかかとの線上前後)に置き、右足のつま先を45度程度開きます。この状態のまま、ゆっくりとミドルアイアン(4I~6I程度)でスイングをし、6割程度の力でボールを打ちます。この練習方法でチーピンが改善されます。

ミドルアイアンでのスイングに慣れてきたら、同じセットアップでスタンスをオープンに構え、スイングをします。ボールは右に置きすぎると、クラブの面であるフェースを返す意識が強くなりでチーピンが出やすくなるので注意しましょう。

上半身が起き上がることを予防

チーピンの原因の1つとして、上半身が起き上がってしまうことが挙げられます。姿勢が起きてしまうと、腰を回転できなくなり、ダウンスイング時にクラブを余計に振ってしまう、体に余計な力が入ってしまいスイング軌道が不安定になります。

上半身が起き上がる予防として、目標を見ながらスイングをしましょう。基本の前傾姿勢のまま覗き込むようにしてスイングをすると、体が伸びにくくなり、上半身が起き上がることを予防することができます。慣れて来たら、普段通り視線を元に戻してスイングしても、前傾姿勢をキープしたままスイングすることができます。

グリップに注目

グリップは体の正面で決めましょう。常に体に対してフェースを目標地点に対して直角になるスクエアにしましょう。両足を揃えてクラブシャフトを体の中央においた遠ころにグリップして、そこでスクエアに合わせます。

グリップは、親指をクラブの上から押さえるように置くのではなく、グリップの左側に回すようにしましょう。親指を押さえてしまうと、親指の腹で無意識にグリップをねじってしまい、フェースが左に向いてしまうのでチーピンが起こりやすくなります。