予想以上に飛距離が伸びる!ゴルフの「フライヤー」ってなに?

フライヤーとは深いラフからボールを脱出させる必要が場合など、フェースとボールとの間に芝が挟まることによってスピン量が減少し、当初の想定よりもボールが遠くへ飛んでしまう現象のことです。フライヤーが発生すると、ボールがグリーン上に止まりにくくなります。今回は、ゴルフのフライヤーとは何なのか、まとめてみました。

ゴルフのフライヤーとは?

例えば深いラフにボールがつかまってしまった時など、ボールが思った以上に飛んでしまうことがあります。この現象がいわゆるフライヤーです。クラブとボールとの間に芝が入り込むと、フェースの溝に芝が食い込みます。そうなると、ディンプルがひっかるための溝が無くなくなり、スピン量が急激に減少します。

スピン量が減少すると、ボールがグリーンに落ちてからのランが出やすくなります。また、バックスピンがかかりにくい状況のため、全くと言って良いほど、ボールが止まりません。フライヤーの影響を特に受けやすいのは、9番や8番といったショートアイアンです。フェースの溝の面積が大きく、ヘッドもある程度の面積があるショートアイアンは、インパクト時に芝の抵抗を受けやすく、ボールが思った以上に飛びません。

アイアンを選ぶ時にカップまでの距離で、どのアイアンを使うかを選びます。

アイアンに沢山種類があるのは、距離によってアイアンを選ぶためです。スイングは同じだけど距離によってクラブを選びます。ゴルフというのは自分の力の具合で距離を調整することもありますが、基本的には距離はクラブを選んで決めます。これのアイアンを使えば、これくらいの距離を飛ばすことができるかなという感覚が大切です。

アイアンを変えることで距離を調整できるくらいのスイングが出来れいれば中級者・上級者と言えます。

そういった方でないとフライヤーを感じないかもしれません。フライヤーは主にラフでアイアンを使ったときに起きやすいです。クラブのヘッドとボールの間に草が挟まってしまいボールにしっかりとスピンがかからないために、いつもとは違った距離にボールが飛んでしまいます。スピンがかかっていないので、ボールがグリーンに落ちてもコロコロと転がってしまいます。

フライヤーの対策は?

フライヤーは起きやすいシチュエーションが決まっています。

具体的には浅めのラフだったり、順目になっているラフやボールが半分程度ラフに埋まっている時などに起きやすいです。また、もともとヘッドスピードが速い人はフライヤーになりやすいです。

カップに近づくのであれば飛びすぎは問題ないですが、ラフからグリーンを狙ってカップをオーバーしすぎるのはもったいないショットです。フライヤーにならないようにショットする方法もありますが、そこまで器用にスイングできないのであれば単純にアイアンを1~2番手くらい下げて打つと良いです。

使うクラブの距離を短くすればオーバーになることを防ぐことができます。ゴルフには色々な格言がありますが、急いでオーバーしてもスコアを伸ばすことはできません。コツコツと刻むことでベストスコアに近づくことができます。

フライヤーの逆がドロップ

フライヤーが飛びすぎてしまう状態ですが、反対に思ったよりも飛ばない状態をドロップと呼びます。初心者の方だとフライヤーよりもドロップになってしまう事が多いです。ドロップになってしまう原因は、ヘッドスピードが弱かったり、ロフトが立った状態でスイングしてしまったり、そもそもスイング自体に問題があったりと様々です。

ドロップもラフからアイアンでショットする時に起きやすいです。ボールがラフの中に入っているとスイングした時に芝が邪魔でスピードが落ちてしまうことがあります。芝が邪魔な状態なので無理にショットするとドロップします。ロフトとはアイアンのヘッドの角度の事を言います。通常は斜めになっていますがロフトが地面に対して垂直になっているとドロップしてしまいます。

ドロップを回避するスイングにダウンブローがあります。ダウンブローは通常のスイングよりと鋭角にヘッドがボールに向かうようにスイングします。いきなりダウンブローをするのは難しいので練習が必要になります。ダウンブローはドロップにも有効ですがフライヤーにも有効です。ボールとクラブヘッドの間に芝が入りづらくなるのでマスターしたいスイングです。