どうすれば直る?ドライバーのスライスを直すときに気をつけたい4つのこと

ゴルファーにとって永遠の悩みの一つに挙げられる「スライス」ですが、その原因はいくつかあります。気持ちよくティーショットを打つ為にもしっかりと原因を知り、今回紹介するポイントを確認し、日々の練習で克服しましょう。

打つ方向を確認

ゴルフコースには様々な設計がされているので、そちらの方にばかり気がいってしまったり、飛ばすことにばかり気を取られてしまったりと、普段意識していることも意外と忘れてしまうものです。

まずティーグラウンドに上がったら一旦一呼吸置くようにし、そしてどこら辺にボールを落として、どのような軌道でボールを打つのか、しっかりとシミュレーションしてから打つことを、普段から意識するように心掛けましょう。

自分のフォーム以外にグリップが原因のことも

アイアンと違いドライバーはシャフトが長いので、その分体に力が入ったりしてスライスしやすです。フォームが悪かったりするのも原因としては挙げられますが、グリップにもスライスを直すちコツが隠されています。

実際にボールを打つ時のグリップは、両手のナックル(指の付け根の節)がそれぞれ2つずつ見えている状態で、これがストレートに飛ばす為の基本的なグリップとなりますが、この状態であるにも関わらずスライスしてしまう場合は、左手(右打ちの場合)のナックルの数が多く見えるようにグリップしてみるのも一つの手です。

アドレスでスライスを防ぐ

スライスになるのは、フェースが開いた状態でボールを打っているからです。フェースを開かず、若干かぶせ気味にすれば、スライスになりにくいです。フォームを変えずに直す方法として、構えた時のボールの位置を左足の方にずらしてアドレスしましょう。そうすることでいつもよりポイントが前にずれ、若干開き気味だったインパクトがちょうどいいタイミングでインパクトを迎えられます。

多くの場合はアウトサイドイン

多くの場合、スライスの原因はフェースが開いたままでボールに当たっている、外側(アウト側)から内側(イン側)にヘッドが軌道を描くアウトサイドインが原因になっていることが多いです。直すには、肩のラインを目標に向かってまっすぐスクエアにすること、そして、クラブのヘッドが頂点のトップに来た時に、右脇を開かないようにすることです。左脇を締める意識でスイングするようにすれば、自然と右脇が締まります。

アドレスで構えた時の目の位置にも注意しましょう。構えた時の目の位置を動かさず、振り抜くまでボールから目を離さなのがポイントです。