ゴルフでハーフトップになる原因と直し方

ゴルフのハーフトップとは、スコアアップを目指す上でぜひとも避けたいミスショットの一つです。そこでハーフトップになる原因を理解する事により、自身のスイングの改善や修正をどのように行えばよいのかをご紹介します。

ハーフトップとは

スコアアップを目指す上で、少しでも減らしていきたいのがミスショットです。

あまり多くなってしまうと、スコアアップどころか、コースを終えるので手いっぱいになってしまいます。

ゴルフにはいくつかのミスショットとされるものがありますが、その中の一つがハーフトップというものです。

具体的には、インパクトの時にクラブヘッドの下のほうへボールが当たってしまい、捉えきれない事を指します。

芯に当たらないボールは、飛距離を狙える角度で打ちだされることなく、転がるようにして打ち出されます。

ランだけでは当然長い飛距離は見込めませんので、この状態をゴルフのハーフトップと言います。

初心者の場合は特にクラブヘッドの操作に慣れていない事もあり、ボールを捉えるのが難しいと感じることもあると思いますので、特に陥りやすいミスショットの一つと言えるでしょう。

このミスショットをできるだけ少なくするように、ハーフトップになる原因と対策をご紹介します。

ハーフトップの原因

ゴルフのスイングにとって大切なのは、体重移動と軸回転です。これは、どんなプレースタイルやスイングにも共通する基本的な必須事項とも言えます。

ですから、当然身ショットの原因はこのどちらかが上手くいっていないということになります。

クラブヘッドの芯でボールを捉えられないということは、クラブヘッドやスイングの軌道が安定していないということです。

その原因はスイングする際に軸が流れてしまっている事にあります。

軸がなぜ流れてしまうかというと、体重移動がスイングをし終えるまでの間に止まってしまっているからです。

その原因は、ボールを打つことだけに集中してしまうことにあります。

遠くまで飛ばそうと思うと、無意識にも力が入り、目線はボールに向かうかもしれません。

しかし、そうすると体重が少し前のほうにかかりすぎ、顎が前に出てしまうので、スイングの途中でバランスを崩してしまいます。

これが、スイング軌道の安定しない理由、つまりは、ハーフトップの原因となるのです。

基本が大事

ハーフトップの改善方法として、まずは基本的な体重移動を見直しましょう。

目線はボールではなく、あえて右足に視線を落としておくのは効果的です。

こうする事で、顎が前に出て体が開く事なく、コンパクトなスイングができるようになります。

コンパクトなスイングは効果的な軸回転をする上でも大切な事です。

コマのようなイメージで自分の背骨から地面に向かって一本の軸をイメージして、最後までリラックスして振り抜く事を意識しましょう。

しっかりと軸回転ができたスイングはパワーがあるだけでなく、スイング軌道も安定してきます。

手首の使い方

また、手首の使い方も重要です。

手打ちになってしまうと、その分手首でクラブを操作してしまうことになります。

これは意識してはやらないかもしれませんが、ボールに集中しすぎると陥りやすい傾向です。

あくまでボールはスイングの軌道上にあるから当たるというイメージでスイング軌道を第一に考えましょう。

インパクトの後もボールの行方をすぐに追わず、しっかりと最後まで振り抜くことが大切です。

そのように意識すれば、インパクトの際のクラブヘッドの軌道も安定し、的確な位置でボールを捉える事ができるでしょう。

ハーフトップのリスクを減らすには、やはり基本が大事という事です。