久しぶりのゴルフで勘を取り戻す4つの方法

今度のコンペが久しぶりすぎてゴルフを忘れてしまったなどの悩みを持つ人もいるのでは?今回は久しぶりのゴルフでもスコアを乱さない方法を4つまとめました。

クラブを短く持つ

久しぶりのゴルフでは、クラブを普段よりも短く持つことで勘を取り戻せます。ゴルフクラブを短く持つことで、クラブをコントロールしやすくなります。

ゴルフクラブは長くなるにつれて慣性モーメントが大きくなり、遠心力が発生します。遠心力によりクラブが扱いにくくなりミスショットが増えます。短く持つことで手打ちになりにくくクラブを正しい軌道に乗せやすくなりミスショットを防げます。

久しぶりのゴルフでは、全てのゴルフクラブを短く握りましょう。

アームローテーションを確認

アームローテーションとは、クラブヘッドが頂点にあるトップの位置で左腕が右上より上にある状態です。アームローテーションを上手く使うことで、ボールに効率良く力を伝えられ飛距離が伸びます。

久しぶりのゴルフだとボールが右方向へいくスライスの軌道が多くなります。右にうち出るアームローテーションは、テークバックで腕を時計回りに回転した後、切り返し(テークバックからクラブヘッドが頂点に行き、ボールに向けてクラブを振り下ろすダウンスイングへの一連の動作のこと)以降アームローテーションをせずにダウンスイングしています。

左に打ち出す場合、インパクトの手前で右手首の折れを開放してしまってヘッドが帰っているため左へ飛びます。

肘から先を回転させるイメージでスイングしましょう。

フルスイングを控える

久しぶりのゴルフでは、力加減を忘れてしまい不要な力がスイング時に入ってしまうことがあります。力が入りすぎたスイングは、軌道が不安定になりミスショットにつながります。

久しぶりのゴルフでは不要な力が入りやすいフルスイングを控えハーフスイングかスリークォータースイングを心がけましょう。2つのスイングを心がけることで、不要な力がスイング時に入りにくくなりボールの飛距離が落ちるダフリや高く上がりすぎてしまうトップを防げます。

右足のかかとを地面につける

右足のかかとを地面につけておくことで、スライスを防げます。地面につけることでダウンスイング時に体が右側に寄りすぎず、クラブが外から下りてくるカット打ちのスライスを防げ、ボールを大叩きせず、ゴルフをプレーできることが多いです。右足のかかとを地面につけてスイングする場合、ボールを右側に置くよう意識しましょう。

右足を地面につけることで右膝の位置が変わらないため、適切な距離をキープできボールに当てやすくなります。

久しぶりのゴルフを楽しくプレーするために、今回紹介したポイントを確認してゴルフに望んでみては?

ゴルフの勘を取り戻す方法についてもっと詳しく知りたい方はゴルフレッスンへ!