素人からの脱却!ゴルフOBを激減させるテクニックとは

ゴルフを始めたばかりの場合、飛ばしたいと思うあまり力んでしまいOBになることがあるでしょう。きちんとスイング前の準備の徹底や正確なスイングを意識すればOBにならずに気持ち良くゴルフを楽しめます。今回はOBを減らすテクニックについてまとめました。

ドライバーを極める!セットアップの重要性

ゴルフを気持ち良く楽しむためにも、1打目のOBは避けたいですよね。そのためには、ドライバーショット時のセットアップを大切にしましょう。インパクトの瞬間をイメージしてその姿勢をきちんと作ることが肝要です。ゴルフ初心者にとってはセットアップ時に意識するポイントが非常に多いため少し雑になってしまうかもしれませんが、正しい姿勢からきちんとスイングをすればボールはまっすぐ飛んでいくはずなので、スイング前の準備はきちんとしましょう。

グリップは強く握るとダメ!?

緊張感から、あるいは気持ち良く距離を飛ばしたいという思いからグリップをガッチリ握ってしまうかもしれません。しかし、強く握りすぎるのは考えものです。強く握りこむと手打ちになりやすくなってしまうためインパクトが安定せず、スライスやフックにつながりやすくなってしまいます。また、強く握るとどうしても腕に意識が行くため、下半身や体幹に意識が届かずにスイング全体が崩れてしまう可能性もあります。グリップ時はむしろ力を抜く方が大切です。

フェースの真ん中で捉える練習

インパクトの瞬間、フェースの真ん中で捉えればボールはまっすぐ飛んでいきますが、少しでもズレると、ボールの軌道も大きくズレてしまうことでしょう。そのため、フェースの真ん中でボールを捉える練習が大切になってきます。これについては反復練習が最も有効ですが、それと同時にボールから目を切らないことを意識しましょう。自分が打ったボールの行方が気になるのは事実ですが、正確なショットが先です。インパクトの瞬間をしっかりと見ながら打つ練習を繰り返しましょう。

時にはドライバーを使わない選択も

思い切ってドライバーを使わないのも手です。ドライバーには劣るもののウッドでもしっかり打てば飛距離は出ます。ウッドはヘッドがドライバーよりも小さいので、重心距離が短い分スライスがしづらいという特徴があります。そのためスライスでOBしてしまうという方にとっては思いの外有効な解決方法となります。しかし、飛距離をきちんと出したいと思うのがゴルファーだと思うので、ウッドで感覚をつかんでドライバーに活かすという方法が良いでしょう。

今回紹介したポイントを確認し、OBを減らしてスコアアップを目指しましょう!