OB予防に!フェアウェイウッドでティーショットを打つ方法

ゴルフというスポーツでスコアをアップするためには様々なクラブを使いこなしていかなければなりません。ドライバーでティーショットを打つのが一般的ですが、フェアウェイウッドでティーショットを打つ術をマスターすれば強力な武器になるはずです。

どのクラブを選びますか?

ゴルフを始めて最初に買ったクラブはドライバーでしょうか?アイアンでしょうか?それともフェアウェイウッドでしょうか?

誰でもドライバーで思いっきり飛ばしてやりたいと思っていると思います。実際にホールを回るようになってからも当然ドライバーでティーショットを飛ばすことに憧れると思います。

しかしどんどんとコースマネジメントに熟達していくに従って、フェアウェイウッドの威力に気づくようになると思います。

初心者の頃はフェアウェイウッドってなんのために使うのだろうと思っていると方も多いと思いますが、やがてアイアンよりも飛距離が出せて、ロングホールやミドルホールの二打目にとても効果的だということに気づくと思います。

しかしフェアウェイウッドの用い方はそれだけではなく、飛距離よりも方向性を重視してティーショットを打ちたい場合にはフェアウェイウッドでティーショットを打つこともあるのです。

こうした細かなクラブのチョイスが上手になっていくとスコアアップにもつながりますし、ゴルフの新たな楽しさにも気づくことができます。

フェアウェイウッドでティーショット

フェアウェイウッドでティーショットを打つ場合は、ティーアップの高さに気を使わなければ良いショットは打てないと言われているようです。

さらに気をつけなければいけない点として、せっかくフェアウェイウッドを選択したのに、ティーショットとなった途端ついくせでガムシャラにフルスイングしてしまうということです。

これをやってしまうとせっかく方向性重視で安全にショットを打つためにフェアウェイウッドを選んだのに、ダフリなどミスショットにつながる可能性が高くなります。

フェアウェイウッドでティーショットを打つ練習をする時にはまずこの二点、ティーアップの高さと、8割程度のスイングで方向を安定させることを意識しましょう。

スコアを伸ばすためにフェアウェイウッドの使い方をマスターする

フェアウェイウッドでティーショットを打つのは1つの作戦ですが、元々フェアウェイウッドの本領を発揮させるためには芝の上にあるボールを直接フェアウェイウッドで打つという方法があります。

フェアウェイウッドの選び方をマスターし、複数の種類の打ち方を覚えれば飛躍的にスコアを伸ばすことも夢ではないかもしれません。

今までドライバーでしかティーショットを打っていなかったという方や、芝の上ではアイアンばかり使っていたという方はフェアウェイウッドの用い方に熟達するよう練習を重ねてみてください。

フェアウェイウッドのショットに卓越したゴルファーもいますので、そうしたプレーヤーのショットを参考にするのも良いと思います。

コースマネジメントを覚えていきましょう

最近のスマートフォンは高画質で動画撮影が可能になっています。

さらにアプリの中には自分のゴルフスイングを動画撮影し、ラインなどを画面にひきながらスイング分析できるものもあるようなので、アマチュアゴルファーでもかなり本格的なスイングチェックをすることができるわけです。

さらに家庭用のビデオカメラを持っている方なら複数のアングルから三脚を使ってスイングフォームを撮影してみることも効果的でしょう。

フェアウェイウッドのショットを練習中であれば重点的にそのクラブでのスイングをチェックし、改善すべき点を洗い出すことが大切です。

徐々にスコアを伸ばしていくためには苦手なクラブを減らしていき、上手なコースマネジメントを覚えていくように努力しましょう。