初心者必見!ゴルフの砲台グリーンにボールを乗せるための3つの意識

砲台グリーンは普通のグリーンと比べて、ボールをグリーンに乗せるのが難しいです。砲台グリーンに上手くボールを乗せるにはしっかりと考えてボールを打つ必要があります。今回は砲台グリーンの攻略方を3つまとめました。

砲台グリーンとは高い位置にあるグリーン

砲台グリーンとは、フェアウェイよりも高い位置にあるグリーンのことです。大砲を構える丘のように見えることから砲台グリーンと呼ばれています。砲台グリーンは傾斜をつけた作りになっているので、ボールをグリーン周りから乗せるのが平坦なグリーンよりも難しいです。また、グリーンにボールを乗せたとしても、ボールが落ちてしまう危険があるので、アプローチだけでなくパッティングも平坦なグリーンより難しいです。

そのため、平坦なグリーンよりも戦略的にショットを考える必要があります。

距離感を掴むのを意識する

砲台グリーンへアプローチする時は距離感を掴むことが重要です。残りの距離とピンの位置をしっかり確認し、どのくらいの振り幅で打てば良いのかを意識しましょう。普段通りのショットだと思った以上にボールが転がり、ピンを超える場合があります。普段よりもクラブヘッドの面であるフェースを開いて、少しオープンに構えて高さのあるショットを意識するのが重要です。

距離感を掴むためには、ターゲットを見ながら素振りをほかに、ショットの前に距離のイメージを作りましょう。

転がすか上げるかを明確にすることを意識

砲台グリーンを攻略する際、ボールを転がすか上げるかを明確にしましょう。転がすか打ち上げるかはエッジからピンまでの距離で判断しましょう。エッジからピンまで距離がある状況では、ボールを高く上げてボールをピンまで寄せます。ピンまでの距離が短い場合、土手にワンクッションさせてボールを転がします。アプローチはボールを上げるよりも転がす方が簡単なので、距離が短い場合は砲台グリーンでも転がすように意識しましょう

目線を高くしないこと意識

砲台グリーンのアプローチの状況はピンの位置がボールの位置より高くなります。そのためボールを打ち上げるため、普段のアプローチよりも目線が高くなってしまいます。アドレス時に目線が高くなることで、上半身の軸が右足側に傾きやすくなります。普段のアドレスを作りにくくなるので、ミスショットに繋がります。

ピンまでの位置が高いですが、目線を上にならないよう普段通りの目線の高さでアドレスするよう意識しましょう。

砲台グリーンは難しいですが、しっかりとイメージを持ってショットすれば、ボールをグリーンに乗せることができます。今回紹介したポイントを確認して、アプローチを成功させましょう!