リカバリーが大事!ゴルフにおけるバンカー対処法とは

バンカー対処法には、ステップ打ちが有効です。また、砂を飛ばす勢いでショットするエクスプロ―ションショットのイメージもしっかりと持っておく必要があります。砂の状態により打ち方を変えることも重要です。

バンカーショットを打つ時のステップ

ゴルフのハザードの中で、厄介なのはバンカーです。池ポチャですとペナルティーで抜け出せますが、バンカーの場合は自分自身のショットで、ボールを脱出させなければなりません。バンカーショットには、ステップ打ちが有効とされています。ステップ打ちとは、バッグスイング時に左足を右足に近づけながらクラブを上げていく打ち方です。上げた左足を下げながらダウンスイングを開始します。この時に、右足はしっかりと地面をグリップしている必要があります。腰でボールを押し出すというイメージです。

砂を飛ばすコツ!エクスプローションショットとは

バンカーショットで有効なのが、エクスプローションショットです。テレビでゴルフ中継などを見ていても、プロゴルファーが砂を豪快に飛ばしながらショットをしている様はかっこよく見えるものです。この打法は、砂ごとボールを打つというイメージを持つことが大切です。また、クラブヘッドのソールがボールのすぐ下を通過するように意識することも重要です。人のショットを見ていると、砂を飛ばす勢いでボールを飛ばしているように見えますが、実際は上手にボールをすくいだしているのです。

取る砂の量の違いで変わる飛距離

エクスプローションショットを行うときには、砂を巻き込みながらショットを行いますが、どのくらいの砂が巻き込まれるかは、シチュエーションにより様々です。その理由は、バンカーが平らでないことが多いからです。平らであれば、巻き込む砂はごく微量ですが、上りや下り、左右の傾きがあった場合は、巻き込む砂が多くなります。この時に一つだけ覚えておいてほしいことがあります。巻き込んだ砂の量によって、ボールの飛距離が異なることです。巻き込む砂が少ない場合は飛距離が伸びます。砂が多い場合はボールに力が伝わらず飛距離は伸びません。

砂の状態によって切り替えるバンカーショット

砂の硬さによって打ち方を変えることも重要です。砂が硬くボールが砂の表面にある場合は、通常の打ち方のフェースで大丈夫です。注意が必要なのは、砂が柔らかい場合や、ボールが砂に潜ってしまっている場合です。そのような場合は、通常のフェースでスイングすると、ヘッドが砂に引っかかってしまって、スムーズなスイングができなくなります。対処法はフェースを少し開きます。すると外側に砂がはじけてくれるので、スムーズなスイングが可能です。しかし、ボールの飛ぶ方向が変わりますので、何回か練習を積んで、コツをつかんでおくと良いかもしれません。