脱初心者!ゴルフのスコアを伸ばす5つの方法

コースデビューをしたのはいいものの、中々スコアが伸びず悩んでいるゴルファーも多いのではないのでしょうか?今回はゴルフのスコアを伸ばすための、初心者から脱するための方法を5つまとめました。

OBをなるべく減らす

ティーグラウンドからフェアウェイ、グリーンの順番でボールを運んでいくのがゴルフの基本ですが、慣れないうちは、OBに入ってしまうこともあります。OBに入らないようにスイングを修正し、ある程度コントロールすることができるようになれば、スコアアップをはかることができます。

OBをなるべく減らすのはとにかく前に進むことです。前に進めばグリーンがあり、カップがあります。グリーンにボールを乗せてしまえば、後はカップに入れるだけなので、OBを減らすために前に進むことを意識しましょう。

シャフトが長いゴルフクラブはあまり使用しない

シャフトが長いゴルフクラブは遠心力があり、スピードが出るので飛距離を稼ぐことができますが、遠心力がある分扱いづらいです。ゴルフクラブの中で比較的シャフトが長いものはドライバー、番手が若いフェアウェイウッド、ロングアイアンなどです。

4Wあたりからシャフトが短くなるので、ティーショットなどでしないようにシャフトが短めのゴルフクラブを使用すると、ミスも減り、その後のプレーに余裕が出るのでスコアアップを狙いやすくなります。

グリーンを練習

グリーンはコースの中でカップがある区域で一番重要なところです。グリーン上を練習すれば、スコアアップを狙うことができます。グリーン上では、無理に1打でボールをカップに入れようとしてしまうと、力が入りすぎてしまい通り越してしまうことや、あらぬ方向に行ってしまうこともあります。無理に1打で入れようとせずに、1打目はカップに近づけ、2打目で入れることを目的にすると少ない打数でカップに入れることができます。

グリーンの練習方法は、絨毯やカーペットの上で練習するほか、パターマットが市販で販売されているので購入して練習することができます。ゴルフ練習場によっては、パターを練習することができるところもあるので、気軽に練習することができます。

ウェッジを練習

グリーン近くにボールを運んだ場合、グリーン上にボールを乗せる必要があります。グリーン周りではウェッジを使用することが多いので、ウェッジを練習すると良いでしょう。

ウェッジはフルショットで打つこともありますが、20~30ヤードしか打たないときもあるので、力加減を覚える必要があるゴルフクラブです。いきなりフルショットの練習をするのではなく、どのくらいの力でスイングをすれば、何ヤード飛ぶのかを確認しながら練習するようにしましょう。