【ゴルフ】イップスを克服する方法

ゴルフのイップスは過去の失敗が尾を引いて、心理的に強いストレスがかかりプレーにも影響する症状です。本来の力が出せなくなる厄介な症状ですが、改善する子も可能です。すぐに実践する事の出来るゴルフのイップス克服方法をご紹介します。ぜひ参考に、イップスを克服してゴルフを楽しんでください。

イップスとは

イップスとは神経に影響を与える心理的症状のことです。

ゴルフにおいてイップスになると、プレッシャーを極度に感じてしまい、震えや体の硬直を経験し、ミスショットをしてしまうことを指します。

興味深い事に、そうした心理的なストレスは、初心者ではなく中級以上のプレーヤーに多く見られます。

理由としては、ある程度の経験を積むことが全てプラスに働くのではなく、一度の失敗を引きづり、また同じようにミスしてしまうのではという過度の不安で自分を苦しめてしまうからでしょう。

皮肉な事に、経験が邪魔をして経験ゆえにできるはずの良いプレーを邪魔してしまうということです。

しかし、もしそうなってしまったとしても、悲観的になる必要はありません。イップスは克服できるからです。

イップスの原因は過去の失敗

では、ゴルフのイップス克服方法とは何でしょうか。

イップスの原因は以前に失敗した状況と同じ、あるいは似た状況に陥った時に、また同じように失敗したらどうしようと過度に心配してしまうことにあります。

ですから、そんな事を考えないようにするのが大事です。

そのために何ができるでしょうか。

まず実際的ですぐに試すことができる方法として、クラブ、特にグリップを変えてみることができます。

なぜかというと、理由は単純でそうする事で気持ちは不安ではなく、新しいクラブやグリップへの違和感へと向けられるからです。

こうすることで、不安に駆られて体が硬直してしまう時間もなく、スイングすることができます。

この方法は、子供だましのように聞こえるかもしれませんが、名選手と言われるプロゴルファー達でも利用している方法です。

失敗した記憶が苦しめているなら、その状況と異なるポイントを自ら作るということです。

そうする事により、過去にとらわれて今できるベストを出すことができなくなるという状況を避けることができるでしょう。

結果よりもプロセスに集中する

もう一つ、これもよく耳にする言葉かもしれませんが、結果よりプロセスを重視することです。

ゴルフはスコアによって結果が明確に出るのだから、結果が全てと思う気持ちがあるかもしれませんが、一度思いを切り替えてスコアがどうでもテンポとリズムだけを意識してプレーすることを心がけてみてください。

どうせイップスの状態では、結果を気にしたところでついてきません。それならいっそ、そのゲームは捨てるくらいの気持ちでのびのびプレーする事だけを考えておきましょう。

そうすることで不思議と結果も付いてくることに気づけるはずです。

完璧主義は意味がない

そして、もう一つ大切な考え方として、完璧主義を捨てることです。

どれだけ完璧なショットを放ってもいつもホールインワンするわけではないでしょう。

自分よりも上手いプレーヤーもたくさんいるはずです。ですから、完璧を求めて自分で自分に過度なプレッシャーをかける事がないようにしましょう。

失敗したとしても死ぬわけではないとか、多少ミスしてもこれくらいのスコアで落ち着けばいいなどと、あえて気楽に構えることにしましょう。

それでも不安が込み上げてくる時は、そう言うものだと思って不安を無くさなければいけないというプレッシャーすら抱かないようにしましょう。

リラックスこそ、イップス克服のカギなのです。