グリーン周りのバンカーから脱出する方法

ベテランゴルファーでも苦手にしていることの多いバンカーショット。初心者が最初に覚えたいバンカーショットのテクニックを紹介します。

バンカーとは?

バンカーとは、コースに設置された砂地のことです。コースを攻略する上での障害物として存在しています。

バンカーでは、クラブを地面につけることや素振りなどで砂を触ることがルールで禁じられています。必要以上に、足を砂にもぐりこませたり、バンカー内にクラブを置いたりするのも禁止です。

それらのルールもあって、バンカーからのショットはより難しくなります。苦手にしているゴルファーも少なくありません。

グリーン周辺のバンカーは、ガードバンカーと呼ばれています。

グリーンから100ヤード以上離れたバンカーは、フェアウェイバンカーやクロスバンカーと呼ばれています。

ガードバンカーの打ち方

グリーン周辺のバンカーからの基本的なテクニックです。

ここでは、ボールを直接打つのではなく、ボールの下の砂ごとすくい出して打ちます。これをエクスプロージョンショットと言って、ガードバンカー特有のテクニックです。

ピンまで、30ヤードくらいまではこのショットで対応できます。直接ボールを打たないので、ボールは飛びません。

クラブは、SWを使います。

フェースを少し開いて構えて、すこし左を向いて構えます。ボールと右足と左足が正三角形になるようにするのがポイントです。

フェースを開くことで、バウンスと呼ばれるソールの出っ張り部分を使うことができます。砂をソールが弾くように働くので、クラブヘッドが砂に埋れず、ボールを高く上げることができます。

まずはこの打ち方を練習して、バンカーから脱出できるようにしましょう。

バンカーショットでの距離

バンカーショットでは、距離が落ちるので、フルスイングしても30ヤードくらいしか飛ばないのが普通です。

バンカーショットはスイングの大きさと、砂の取る量で距離感を調節します。

スイングが大きく、砂を取る量が少ないとボールは飛びます。スイングが小さく、砂を取る量が多いとボールは飛ばなくなります。

距離の打ち分けは難しいので、まず練習では肩から肩までのスイング幅で、ボールの手前にクラブヘッドを入れて、砂ごとボールを飛ばすエクスプロージョンショットをマスターしましょう。

力んで打ち込もうとせず、一定の速度でスイングするのがコツです。

練習場で出来るバンカーショット習得法

エクスプロージョンショットの練習ができるバンカーは、それほど多くありません。そこで、普通の打ちっぱなし練習場でも出来るバンカーショット練習を紹介します。

バンカーショットは、スイングの中でも直接、球を打たない特殊なショットです。その感覚を覚えるのにティーアップを高くして、サンドウェッジで打つ練習をします。

ティーの下の方を叩きすぎるとボールは全く飛ばず、ボールをダイレクトに打つとそのまま飛んでしまいます。これはホームランと呼ばれるバンカーショットの大きなミスです。

ティーの真ん中付近を打てると、ボールが高くあがって少し前に飛びます。この感覚がバンカーショットに役立ちます。クラブを入れる深さと飛距離の減衰を擬似的に体感いてみましょう。

バンカーの均し方

バンカーショットの跡は、砂が元の状態になるようにレーキで均します。バンカーはならして出るまでが、バンカーショットです。足跡と打った跡を均したら、レーキの背の部分で平らにしましょう。