ビギナー必見!ゴルフクラブのフェースが開く場合のチェック方法まとめ

インパクトでボールに当たる瞬間、フェースが開いた状態で当たってしまうと、右に曲がるスライスやシャンクなののミスショットが出やすくなり、方向性が安定しないばかりか飛距離も大幅にダウンしてしまいます。今回はゴルフクラブのフェースが開く場合の対処法をいくつかご紹介します。

フェースが開く原因を探るということ

アドレスで構えた時のフェースの向きというのは、誰でもアドレスを構えた時はターゲットラインに対して平行になっているのが普通です。したがって、構えたアドレスの通りに方向を合わせてクラブを振っていけば、基本的にはボールは真っすぐ飛ばせるはずです。

ところが、アドレスの時はまっすぐ構えられていてもインパクトでクラブが手元の位置に返ってくるときにはなぜか、フェースが「開いていていたり」「閉じていたり」するのはなぜなのでしょうか。おそらくこれは、テークバックやダウンスイングのいずれかでフェースが開いた状態になってしまっており、そのまま開いた状態を元に戻すことができなくなってしまって結果的にフェースが開いた状態のインパクトになっている方が多いのではないでしょうか。

インパクトでフェースが開いた状態で当たると、右方向の回転がボールに加わってしまいます。結果、放たれたボールは右にスライス系の弾道になりやすくなります。距離の短い20~30ヤードのショットでわざとフェースを開いた状態でボールを打つテクニック、いわゆるフロップショットなどを打つ場合を除き、基本的にはフェースは開いた状態でインパクトするものではありまません。

まぁ、そうは言っても意図していないにも関わらず、フェースというものは「開いて」しまうものですから、なぜフェースが開いて当たってしまっているのか、その原因をまずは簡単に知っておく必要があるでしょう。原因がどこにあるのかがわかれば、対処法というものも自然と見つかってくるはずです。

アドレスでフェースが開く場合の対処法

冒頭ではクラブを振っている最中のどこかでフェースが「開く」動きが入ってしまっていることが問題だと述べましたが、実はクラブを構えた時の最初のアドレスですでにフェースが「開いてしまう」こともあります。

では具体的にどんな人がアドレスでフェースが開いてしまいやすいのかというと、例えばアドレス左腰が少し開いた状態で構えてしまう人というのはフェースが開いた上体のアドレスになりやすいといえます。左腰が開いた状態のアドレスというのは自分自身ではわからないものなので鏡や人にチェックしてもらうなどしてアドレスを確認してもらうと良いでしょう。

なお、このような左腰が開いた上体のアドレスになる理由というのは様々な可能性が考えられますが、おそらくは構え方に問題がある人がほとんどだと考えられます。アドレスを作る時はなるべく右手でクラブを握り、左肩が真っすぐ目標方向と平行のライン上を向いていることを確認してからアドレスするようにしましょう。この時、スタンスがオープンスタンスにならないようにこちらも目標方向ときちんと平行になるようにアドレスすることが大切です。

この構え方であれば基本的にフェースが開いた状態のアドレスなることはあまりないのですが、グリップに問題があるとフェースが開いてしまうこともあるのでそこだけは一度確認しておく必要があります。フェースが開いてしまいやすい人のグリップの握り方というのは右利きであれば左手がややフック気味、つまり上から被せるように握り、右手をやや下からすくい上げるように握る、いわゆるフック系のグリップでクラブを握っている人が非常に多いです。もしアドレス時点で妙にフェースの開きが治らないという方は最後にグリップを見直してみて下さい。もしかするとフックグリップに握り過ぎている可能性があります。

バックスイングでフェースが開く場合の対処法

アドレス時点のフェースの開きをチェックした後は、今度は実際にクラブを振り始める過程でフェースが開いていないかどうかをチェックする訳ですが、おそらくフェースが開いて当たってしまっている方のほとんどがこの最初のテークバック時点で何らかの動きのミスが発生しているはずです。

例えば、テークバックでクラブを振り上げるとなると、ゆっくりとクラブを上げていくと、ちょうど目標方向のラインとシャフトのラインとが平行になるポジション、いわゆるハーフウェーバックと呼ばれるポジションのクラブが収まります。問題はこの時点でクラブのフェースがどの方向を向いているかなのですが、このときにクラブの先端「トゥ」が自分から見て10時または11時の方向を向いていれば、これはバックスイングでフェースを開いて上げているゴルファーではありません。しかしながら、1時や2時方向までフェースが開ききった状態で腰のポジションまで手を持ってきてしまっている方はフェースを開きすぎながらバックスイングを上げているゴルファーと言わざるを得ません。

では、なぜこのようなことが起きてしますのかという原因についてですが、これはテークバックの開始時点でどこに意識を集中させてテークバックしているか、これによってテークバックの動きというのは変わってきます。もし、フェースを開きながら上げる傾向が強すぎるというのであれば、スイング開始時点の段階で手先を使ってヘッドを動かそうとしていないかどうかチェックしてみて下さい。ゴルフクラブというのは手先でクラブを上げようとすると手元と体の中心が離れてしまうのでどんどんフェースのコントロールが難しくなってしまいます。常にグリップエンドをおへそを向けながら、手先ではなく両肩を真横に回転させる要領で動かしてクラブを上げれば。フェースを開きながらテークバックするなどという間違ったテークバックの問題はすべて解決します。

トップでフェースが開く場合の対処法

クラブがちょうど腰の位置にある状態、いわゆるハーフウェイバックの状態からさらに手の位置が体の遠くに来ている状態、いわゆるトップの状態でフェースが開いてしまう方は手首の使い方や腕の伸ばし方に多少の問題がある方です。

トップでクラブがちょうど頭の位置に来た時、シャフトというのはスイングプレーンに対してやや頭よりのポジションに収まってしまっている方というのは「クロスシャフト」または「オーバースイング」の傾向がある方でこのような特徴を持つスイングというのはトップでフェースが閉じた状態になりやすいゴルファーです。

逆にスイングプレーンの下側、つまりは頭よりもひくい位置にトップで手元が収まってしまっている人はレイドオフ気味にクラブを上げる人ということになります。この傾向が強すぎるとフェースが開いた状態でクラブを振り下ろしてくることになるため、スイング中のフェースの開きを直したいというゴルファーにとっては修正対象になります。

トップの位置でクラブが開いているか、閉じているかをチェックしたい時は一度しっかりとトップを作ってから再び手元を体の正面に持ってきて、もう一度アドレスを作ってみると良く分かります。その時に、もし開いているのであれば、手元の位置をもう少しクロスシャフト気味に(シャフトをなるべく立てて)上げればいいですし、閉じすぎているのであればややレイドオフ気味に(シャフトを寝かせ気味)上げれば、問題の修復を図ることができます。

インパクトでフェースが開く場合の対処法

テークバック、トップと説明をしてきたので次はダウンスイングです。ダウンスイングでフェースが開いてしまうパターンというのは大きく分けて2つあります。

1つ目はトップからダウンでクラブを振り下ろす時にシャフトがインサイドから寝て入ってきてしまうこと。この場合、右脇を締めすぎてクラブを内側から引き下ろしてしまうことがこのスイングの最大の問題点です。左腰をしっかりと回転させてインパクトできるタイプのゴルファーなら、このような降ろし方でもきちんとフェースが目標方向を向いた状態でインパクトできるのですが、ほとんどの方は開いた状態のインパクトになりやすいです。

このようなスイングに悩んでいる方は、ダウンスイングで自分の体の正面に向かってグリップエンドを真正面に降ろしてくるようなダウンスイングのイメージを持つとインパクトでフェースが開くミスが出にくくなります。

また、2つ目のパターンとして、インパクトで左腰が上体よりも早い速度で回転しすぎて手元が遅れてしまう。このようなタイプのゴルファーもいらっしゃいます。このタイプの振り方もフェースが開いて当たってしまう原因となります。腰が上体よりも早すぎるスピードで回る原因は上体と下半身をシンクロさせる感覚がスイングに備わっていないことが原因です。

そういった方はアドレス、テークバックからトップまでグリップエンドが常に体の中心にあるようなイメージで振れるようになるとインパクトでフェースが開いて当たってしまうミスは出にくくなります。どうしても感覚がつかめない時は7番アイアンくらいを持ち、実際に「おへそ」にグリップエンドを当てて、クラブを短くしてボールを打ってみて下さい。上体ではなく体の回転でボールを打っていく感覚をつかむことができるはずです。

フォローでフェースが開く場合の対処法

インパクトでボールに当たってしまっているのでフォローやフィニッシュでは何をしてもボールの行方はきまっていることは確かです。しかし、だからといって惰性で適当な形を作っておけばいいというものでもありません。

フォローでしっかりフェースが開きにくいイメージを持つことはインパクトでフェースが開かない打ち方とはないかを考えることもつながるため、とても重要なチェックポイントなのです。

トップアマやプロのスイングを見ていると、フォローでしっかりとクラブを左に振り切っている方を良く見かけます。スイング中のクラブというのは自分を中心に半円を描くような軌道で動いている訳ですから、当然しっかりフォローでクラブを左に振り抜いていった方がフェースは開きにくくなりますし、ボールも良く捕まって飛びますよね。

また、フィニッシュでクラブを振り終わった時にフェース面がどの方向を向いているのか、それをアドレスし直してチェックすれば、自分が打った先ほどのショットは開いた状態で当たったのか閉じた状態で当たったのかを確認することができます。

今回はフェースが開いてしまう原因と対処法にについて色々とお話させていただきましたが、いかがだったでしょうか。今回の記事で気になったところなどあれば、実際に練習場やコースで試してみてください。