ミスショットの1つ!ゴルフのひっかけってなに?

ゴルフのひっかけはボール軌道の1つです。ひっかけになると、ボールは狙った方向へ飛ばずスコアが悪くなることが多いです。今回はゴルフのミスショットの1つであるひっかけの原因、ひっかけにならないためのコツ、ひっかけを防ぐ練習方法についてまとめました。

ゴルフのひっかけとはボールが左方向へ飛ぶミスショット

ひっかけとは、ボールが左方向へまっすぐ飛ぶ、ボールの軌道のことでミスショットの1つです(右打ちの場合)。ひっかけの軌道は、目標地点にボールを運ぶことができなくなるほか、コースのOBの位置が左にある場合、各ホールの規定打数よりも多く叩いてしまうことが多いです。ひっかけの逆方向へ飛ぶボールの軌道はプッシュアウトです。

ひっかけはクラブヘッドが被っているか、右手に力が入っていると、出やすくなるので注意しましょう。

ボールに左回転がかかるのが主な原因

ボールの軌道がひっかけになる主な原因は、ボールに左回転のスピンがかかりすぎているからです。クラブヘッドの面であるフェースが真っ直ぐ当たっているとボールは真っ直ぐ飛びます。スイング時のどこかで手首を使ってフェースを無理やり閉じるような動きをしてしまうと、ボールに左回転のスピンがかかりやすくなり、ひっかけになります。特にアドレスからバックスイングで不要な動作をしてしまうと、ひっかけが起こりやすくなります。

ひっかけを防止するには体の軸を意識

ひっかけは、体全体を使ったスイングではなく、手や腕だけを主導にした手打ちでも起こりやすくなります。手先を使いすぎることで、体の動きが止まりやすくなります。また、体が伸び上がり上体が起こりやすくなるので、スイング軌道が不安定になります。手打ちになっているかは、スローモーションでボールを打つことで確認できます。スローモーションでボールを打てない場合、手打ちです。

ひっかけを防止するには、体の軸を安定させましょう。「頭・背骨・腰」を軸にして意識してスイングをしましょう。

鏡を使用した練習でひっかけを予防

ひっかけにならないスイングは鏡を使用した練習がおすすめです。鏡を真後ろに置いて、上半身とフェースの向きが平行になるよう確認しましょう。確認する時は、自分から見た時の腕の位置、フェースの向きを同時にチェックしておきましょう。同時にチェックすることに慣れれば、鏡がなくてもチェックできるようになります。腰までの高さでフェースの向きを真っ直ぐにすることを意識してスイングしましょう。

ひっかけはミスショットの1つです。今回紹介したポイントを確認し、ナイスショットを増やしましょう!