弱さを認めることが大切?ゴルフのメンタルマネジメントってなに?

ゴルフはメンタルのスポーツといわれており、技術よりもメンタルが重要といわれています。プレー中にメンタルマネジメントを行うことで、落ち着いてプレーできます。今回はゴルフで重要なメンタルマネジメントについてまとめました。

ゴルフはメンタルのスポーツ

ゴルフはメンタルの要素が強いスポーツといわれています。前半9ホール、後半9ホールで4時間~5時間と、1回の競技時間が長いので、集中力を維持することが難しいためです。また、ボールを打つときの微妙なインパクトの連れが大きなミスにつながります。

OBを打った後、距離が短いパットを外した後の精神状態は非常に乱れることも少なくありません。ミスを取り返す気持ちがさらにミスを引き起こすことがあり、ストレス状態に陥ることもあります。ストレス状態は、気持ちが落ち着かなく、心拍リズムも乱れるため集中できません。

メンタルマネジメントを行うことで、落ち着いてプレーができ、ミスショットを減らせます。

メンタルマネジメントは自分の弱さを認めることが重要

ゴルフのメンタルマネジメントは、弱さを認めることが重要です。メンタルが強いと思っている人も自分はメンタルが弱いと認識することで、気持ちが楽になります。ゴルフに慣れてくると、スコアをより良くしたいという気持ちが自分を追い込むことになるので、気持ちを軽くするために、自分のメンタルはさほど強くないと思った方が良いでしょう。一度築きあげたものが壊れてしまうと、メンタルが悪い方向へ加速しやすいので注意しましょう。

特にスコアの100切りや90切りを考えている人は、弱さを認めることで技術だけでなく、精神的に強くなれます。

プレーする際のメンタルマネジメントは余計なことを考えない

プレーする際のメンタルマネジメントは、次のように考えましょう。

・結果を考えすぎない

・自己中心に考えず、周りをよく見てプレーする

・ショットの前にミスを心配する不安などを排除

・シンプルに考える

・論理的に考えすぎず、最低限の分析、スイング調整をする

・落ち着くために、周りに迷惑をかけない程度でスローダウンする

・辛抱する

プレーが上手くいかないときは、平常心を失っていることが多く、技術的な問題を探りがちです。練習していないことまで試してしまうこともあり、さらなるミスを引き起こすことが多いです。結果を考えすぎず、直感に頼ることも、ゴルフのメンタルでは重要です。