ゴルフってどんなスポーツ?基本ルールまとめ【基本編】

ゴルフはどれだけ少ない打数でコースを回ることができるかで競うスポーツです。今回はゴルフのプレー時間、打数の名称、打数の計算方法をまとめました。

ゴルフってどんなスポーツ?

ゴルフはどれだけ少ない打数でコースを回ることができるかで競うスポーツです。

ゴルフはホールと呼ばれるゴルフを競技するために決められたコースがあり、1日18ホールプレーします。

ゴルフはハーフ(9ホール)を2時間10分~2時間30分し、休憩を1時間ほど挟んで後半残りのハーフ(9ホール)をプレーします。

ゴルフの打数の少ない方が勝利

ゴルフの勝敗は、いかに少ない打数でボールをカップにいれるかで決定します。打数が80と100だった場合、打数80のプレーヤーの勝利です。

打数の名称は?

打数には名称があり、決められた打数でホールに入れることをパーといいます。パーより1打少ないことを「バーディ」、1打多いことを「ボギー」といいます。

打数の計算方法

ゴルフは1ホールごとに決められている打数があります。打数は決められた打数より多い、少ないで打数が決まります。ホールには3種類があり、「ショートホール(パー3)」×4、「ミドルホール(パー4)」×10、「ロングホール(パー5)」×4です。

18ホールのゴルフコースのパーは72に設定されるのが一般的です最初の内は打数が150~170のことが多いです。初心者は120程度、中級者は打数が110~90が一般的です。

ゴルフを始めた内は打数を120目指し、楽しくゴルフをプレーしましょう!