初心者必見のゴルフの基本マナー【服装編】

ゴルフは襟付きのシャツを着る、シーパンはNGといったドレスコードがあるほか、着方にもマナーがあります。今回はゴルフをする際の服装のマナーをまとめました。

ゴルフにはドレスコードあり

ゴルフはマナーやエチケットを重視するスポーツのため、ドレスコードが決まっています。

また、会員制のゴルフクラブや有名なゴルフ場はラフな格好でゴルフをプレーすることを禁止している場合があります。

来場時、退場時の服装のマナー

ゴルフはプレー中だけでなく、来場時、退場時にも服装のマナーがあります。ブレザーやジャケットを着用するほか、シャツの裾はズボン、またはスカートの中に入れた方がマナーとして良いです。

プレーする際の服装のマナー

プレーしている際の服装のマナーとして重要なのは、だらしない格好はダメなこと多いことです。清潔な格好でプレーをするのがマナーです。

来場時、退場時と同じようにプレー中はシャツをズボン、またはスカートの中に入れた方が服装のマナーとしては良いです。

シャツやズボンの柄として迷彩柄はマナーとして着てはいけません。またベルトを着用、ハイソックスを着用するようにしましょう。

汗をかいたときにすぐ拭けるように首や頭にタオルを巻くことはマナーとして良くありません。熱中症対策をする場合、帽子を着用するようにしましょう。

また、女性はスカートを着ることはできますが、ゴルフは紳士、淑女のスポーツなのであまりスカートの丈を短くしないのがマナーです

クラブハウス内での服装のマナー

クラブハウス内に入るときは帽子、タオル、サングラスをとるのがマナーです。また、泥などを落としてからクラブハウスに入るのがマナーです。

最近は、多くの若い人がゴルフをプレーするため、ポロシャツの外出しやローソックスがOKなどある程度服装のマナーに関して寛容なゴルフ場が数多くあります。ある程度服装のマナーが寛容になってはいますが、ジーパン、Tシャツ、サンダルではゴルフをプレーすることができないので注意しましょう。

また、名門ゴルフ場では、ジャケット、ハイソックス着用が必要なほか、短パンがNGなこともあるので、プレーする前に服装のマナーを確認すると良いでしょう。