初心者必見!ゴルフのグリーン上にあるピンのルールまとめ

ゴルフの良さの一つに上品さや紳士的な部分をあげる人は多いと思います。私たちがゴルフを始める場合様々なマナーを学ぶ必要があります。ここではゴルフのグリーン上にあるピンのルールをいくつか学んでおきましょう。

マナーはゴルフプレイヤーにとって大事なファクター

ゴルフというスポーツの良い点でよく言われるのは、ある程度年齢を重ねてもプレーできるところでしょう。ゴルフは、紳士のスポーツであり、大人のたしなみという感じもあるスポーツですので、その分プレー上のマナーをしっかりと学んで、周りの人から恥ずかしくないように準備する必要があります。特に自分の先輩や上司とゴルフに行く場合や、ベテランのプレーヤーとコースを回る時などは、こうしたマナーをどれだけきちんと把握しているかが大切です。

たくさんある中から今日は初心者の方が是非覚えておきたいグリーン上にあるピンのルールをご一緒にいくつか見てみましょう。

ピン(旗竿)に当てたらペナルティ

まず基本的なピン(旗竿)に関するルールとして覚えておきたいのは、ピンにボルフボールを当ててはいけないという点です。この時点でビックリするビギナーの方もいるのではないでしょうか。

ピン(旗竿)に当ててしまえば二打罰となってしまうのです。そこでよく見る光景ですが、同行者がピンを抜くという行為をします。これをアテンドと呼びますが、特にアマチュアゴルフの場合競技者同士がこのアテンドをし合うことがあります。正規のルールでやる場合、このピン(旗竿)に付き添うアテンドをすることを宣言しておかなければなりません。この宣言無しでもしピン(旗竿)を抜いてしまうと、その抜いた人に二打罰がついてしまいます。

こうした難しいルールが関係するグリーン上ですので、アマチュアゴルフで、特に自分よりも目上の方とプレーする際には、こうしたグリーン上にあるピンのルールを正規のルールでおこなうかどうか事前に相談しておくとよいでしょう。

ピン(旗竿)を置いておく場合のマナー

さて、ピン(旗竿)を実際に抜くことになった時は、抜いた旗竿はどこへ置いておけばよいのでしょうか。答えはグリーンの外です。

もちろんやむをえずグリーンの上に一時的に旗竿を置いておかなければいけない時もあると思います。そのような場合に絶対に気をつけたいのは、これからパッティングをしようとしているプレーヤーのパットのライン上に置かないようにするという点です。

当然パットを打つプレーヤーとホールの間を旗竿で妨げてしまう人はいないと思います

が、ホールを通り過ぎた先に置くことも避けなければなりません。放たれたパットが強すぎてホールを通り過ごして行ってしまう場合、パットのライン上に旗竿を置いてしまっていると、そこにボールが当たってしまうということになりかねません。

この点注意して、旗竿はできるだけグリーンの外へ、やむをえない時はパットのライン上を避けて置くようにいたしましょう。

マナーを守って楽しくゴルフをプレー

このように代表的なグリーン上にあるピンのルールを見てみるだけでも色々と複雑なルールが存在していることが理解できます。揉め事なく楽しくプレーするためにも特に初心者の方は基本的なルールやマナーをしっかりと勉強しておくようにいたしましょう。

中でもグリーン上でのルールはパッティングの際の重要な決まりがいくつもありますので、もしわからないことがあればプレー前に確認、相談しておくのが賢明です。

ピン(旗竿)のアテンドなども正規のルールでおこなうかどうか相談して決めておくようにしましょう。くれぐれもプレーヤー同士失礼のないように、楽しくフェアーにゴルフを楽しんでください。