ゴルフに短パンはご法度!?ドレスコードの内容とは?

ゴルフのドレスコードについて、名門コースでは短パンが許されていない場合もあるので注意が必要です。また、短パンにはハイソックスを着用しなければならないことも多く、その起源については諸説あります。今回は短パンのドレスコードについてまとめました。

名門コースでの短パンの扱いとは?

もともとイギリスの貴族の中で流行したゴルフというスポーツは、上品な服装にて楽しむことが常識となっています。特に気をつけたいのは、暑い夏の時期に露出度の高い服装をしてしまうことです。タンクトップ・短パンなどは門前払いとなってしまいます。特に名門ゴルフ場といわれるコースでは、明確に来場者に対する服装のお願いが記載されています。とあるゴルフ場では「タンクトップ、キャミソールトップ等、及びミニスカート、ホットパンツ等などの着用はお断り」となっています。このルールは、プレーヤーだけでなく見学者にも適用されます。

短パンならソックスは長いタイプにしないといけない?

コースにより服装に関する基準が異なっているため、短パン時にはハイソックスが必要などの様々な憶測が飛び交っています。この件に関しては、全国的に共通のルールが無いのが現状です。そもそも短パンが許されていないコースもあれば、短パンに靴下無しで許されるコースまで様々です。直接ゴルフ場に問い合わせをするのが得策といえるでしょう。基本的にコースの人がOKを出すようであれば大丈夫です。しかし、見かけの問題だけでなく、軽装による思わぬケガなどの可能性があります。あくまでも安全な服装でプレーしたいものです。

短パンにハイソックスの起源は?

しかしながら、パンツが短い際にはハイソックスを着用することが多いのが一般的です。その起源については、諸説あります。1つの説に、イギリスの歴史的スタイルの「ニッカボッカーズスタイル」に似ているからという説があります。また、イギリス軍のミリタリースタイルが短いパンツにハイソックスであるためという説もあり、イギリス発祥という説が定着しています。

もう1つには、日本国内で1980年ごろに、とある県のゴルフ場支配人会で「ズボンが短い場合は、極力素足は見せない」という決まりを設けたのが発祥という説もあります。

シャツとのコーディネートが重要!短パンの上手な選び方

シャツとパンツのどちらの数が多いですか?と聞くと、多くの人がシャツと回答するでしょう。すると、どんなシャツに組み合わせても似合うパンツを選ぶことが重要となりそうです。アウトドアスポーツであることを考慮すると、汚れも目立たない色を選びたいものです。そこで、おすすめは濃い色のパンツを選ぶことです。可能であれば、シャツを明るめの物をそろえておくとコーディネートもしやすいかもしれません。下半身に濃い色合いのウェアを着ると、重心が安定しているように見えて、ゴルフが上手そうにも見えます。

今回消化したポイントを確認し、マナーを守ってゴルフをプレーしましょう!