ルールは正しく使えている?ゴルフのオナーってなに?

ゴルフは専門用語の多いスポーツです。用語を正しく理解していないと恥ずかしい思いをすることにもなりかねませんので、基本的な用語はしっかりと覚えておきましょう。ゴルフのオナーなど間違えがちな言葉も正しく理解しましょう。

スポーツ専門用語

どのスポーツでもその競技なりの専門用語というものがたくさんあります。

ある程度そうした用語をしっかり知っておかないとコミュニケーションが取りにくかったり、ちょっと恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。

例えばサッカーとフットサルは似て非なるもので、ポジションの呼び名なども全然違います。こうした点をしっかりと知っておかないと不便が生じるでしょう。

ゴルフの場合も専門用語がかなり多いスポーツですので、道具からマナーに至るまで用語をしっかりと理解して間違った言葉の使い方にならないように気をつけなければなりません。

最初はテレビなどでゴルフの中継を見ることによって色々な用語が飛び交うのを聞いて少しずつ覚えていけると思います。

さらにゴルフのレッスンなどを受けている方であればコーチからゴルフ用語についても教えてもらうことができると思います。

ゴルフの用語で間違いやすいものとしてはゴルフのオナーなどがあります。

ゴルフのオナーって何ですか?

ゴルフのオナーという言葉自体初めて聞く人も多いかもしれません。こ

れは英語のスペルはhonorと記されます。普段日本人が聞きなれている英語ではないかもしれません。それでついついオーナーとか、オウナーのように発音してしまう人が多いようです。

しかしそれだとまったく違う意味になっていしまいます。知らずに言っているとちょっと恥ずかしい間違いになってしまうかもしれません。

honorには本来名誉という意味があります。このゴルフのオナーというのは各ホールで最初にティーショットを打つことのできる権利のことを言っています。

だれがその権利を得ることができるのでしょうか。前のホールで打数が一番少なかったプレーヤーがこのオナーを得ることができます。

ゴルフのオナーの決め方

ゴルフのオナーに関しては間違えて順番を間違えてしまっても罰則などがあるわけではないですが、こうしたマナーを無視したりするとゴルフの世界ではかなり失礼にあたりますので、初心者の方は特に気をつける必要があるでしょう。

ゴルフの世界では礼儀やマナーが本当に重要になってくるので、最低限こうしたルールを覚えておきましょう。各ホールで打数が同数の人がいると思いますが、そのような場合にはその前のホールの成績に順ずることが普通のようです。

さらに一番最初のホールのオナーを決めるためにくじなどをあらかじめ用意してくれているゴルフ場もあるようです。

マナーと罰則

さてゴルフのオナーに関することは大切なマナーではありますが、別段罰則が設けられているようなものではありません。

しかしゴルフというスポーツのなかには罰則が決められているようなルール違反もいくつもあります。その中には一打のペナルティとなるものや、二打のペナルティが与えられるものもあります。

もちろん悪質なルール違反や著しいマナー違反に関しては競技を続けられなくなる可能性もありますので気をつけたいものです。

さらにゴルフ場によってもドレスコードをはじめ色々とルールに違いがありますので、初めて利用するゴルフ場に関してはあらかじめ細かなルールを確認しておいたほうが良いでしょう。

そうしたゴルフ界の決まりはインターネット上で簡単に調べることができますので、代表的なものだけでもしっかりと勉強しておいたほうが良さそうです。まずはゴルフのオナーなどの用語の使い方をマスターしておきましょう。