ゴルフではジャケットが必須?ゴルフで着用できるジャケットまとめ

ゴルフ場へ行くにはジャケット着用が好ましいです。名門ゴルフ場ではジャケットを着用していないとゴルフをプレーできないことがあります。今回はゴルフで着用できるジャケットをまとめました。

ゴルフ場へ行くにはジャケット着用が好ましい

ゴルフのプレー中にはドレスコードがありますが、ゴルフ場へ行くにもドレスコードがあります。襟付きシャツが基本なほか、ジーパンやラフなズボンはNGです。メンバー制のゴルフ場の規定には来場のときにジャケットを着用するよう記載されているのがほとんどです。メンバー制ではないパプリックゴルフ場で記載されていなくとも、ゴルフ場の来場時にはジャケットを着用した方が良いでしょう。

プレー中は着用する必要なし

ゴルフのプレー中はジャケットを着用する必要はありません。プレー中のドレスコードはだらしない格好がダメなことが多く、清潔な格好でプレーをするのがマナーです。襟付きのシャツ、ロングパンツ、ハイソックスを着用するようにしましょう。また、シャツはパンツの中に入れておいたほうが良いでしょう。

最近はプレー中のマナーもゆるくなってきていますが、ジーパン、Tシャツ、ローソックスはほとんどのゴルフ場でダメなので気を付けましょう。

好ましいジャケットは?

ゴルフ場を訪れるときに着用するジャケットの種類ですが、どのようなタイプでも大丈夫です。普通の背広の上着のようなスタイルのものやブレザーなどがおすすめです。赤や黄色など明るめの色やアーミー調のジャケットの着用は控えましょう。

夏は着用しなくても大丈夫なことが多い

名門ゴルフ場などでは夏場でもジャケット着用を義務つけていることも多いですが、パプリックゴルフ場では6月~9月の間はジャケットの着用はしなくても大丈夫ということが多いです。夏場は着用しなくても大丈夫なゴルフ場もありますが、念のためプレーするゴルフ場のホームページを前日に確認しましょう。