ゴルフはマナーが大切!ラウンド中に良く聞く「ファー!」ってなに?

皆さんはゴルフ場にいるとき、隣のホールや後ろのティグラウンドから「ファー!」という叫び声を聞いたことはありますか?特に遠くで聞こえる場合など、「ファー!」という掛け声は自分の身を守るため、また誰かの安全を確保するために誰かが叫んでいるのかもしれません。今回は、ゴルフの重要なマナーの一つである「ファー」とは何なのかご紹介します。

「ファー!」ってなに?

皆さんは、ゴルフ場でプレーしている最中に隣のホールや後方のティグラウンドから「ファー!」という叫び声を聞いたことがありますか?「ファー!」という掛け声は、「ボールが飛んで行ったので注意してください」という呼びかけの合図として日本のみならず、海外でも良く使われているゴルフの専門用語の一つです。

「ファー!」という言葉をプレイヤーやキャディさんがコース内で叫ぶのは、ホール前方にいる他のプレイヤーやゴルフ場のスタッフ(プロの場合はギャラリーも含む)に自分の打ったボールの落下地点を知らせる必要があるからです。

自分の打ったボールならまだしも、後方から他人が打ったボールの弾道や落下地点を予測するのは、とても難しいことですよね。特にドライバーで離れたボールの初速はアマチュアゴルファーでも200km/hほどのスピードが出ることもあります。そんなスピードで飛んでくるボールが仮に体に当たってしまうような事態が発生してしまうと、プレーどころか大惨事になってしまう可能性もあります。また、上空から降ってくるボールも前方をプレーするプレーヤーにとっては、危険な凶器といえなくもありません。

そんな時に使用するのが、プレー中の「ファー!」というかけ声です。

後方から「ファー!」というかけ声が聞こえた時は、素早く頭を守る姿勢を取り、同伴プレーヤーやキャディさんにも後方からボールが飛んできていることを素早く伝えるようにしましょう。ゴルフ場は、プレイヤー同士の呼びかけミスが大事故につながってしまう危険な現場でもあります。そのため、自分が打ったボールだけでなく、一緒に回っている同伴のプレーヤーが打ったボールが危険な場所へ向かっている場合は、大声で「ファー!」っと叫んであげる必要があるのです。

「ファー!」の由来

「ファー!」という言葉は、意外にもイギリス陸軍の掛け声に由来しているという説があります。ゴルフ発祥の地イギリスでは射撃を行うとき、前方にいる味方兵士に注意を促すために「Be war before!」=「前のやつ、気をつけろ!」と叫ぶ風習があり、同じ言葉がゴルフに使用されるようになったというエピソードが残っているそうです。

ただ、戦場で使う「Be war before!」という言葉を使うことに抵抗があるという人やゴルフ場で使うにはあまりに長すぎるという意見もあり、言葉自体が短縮されて、今では「fore!」(フォアー!)という言葉が主に使用されています。なお、アメリカ英語では一般的に「fore」 は「前方・全面」で、「前にいると危険」という意味があるそうで、イギリス英語とはまた違った解釈でも使われています。

このように、「フォアー!」の語源には深いエピソードがありますが、実は日本でもゴルフというスポーツ文化が海外から持ち込まれた当時(明治くらい?)から、使われています。今でもゴルフ場でゴルファーが「フォアー!」と叫ぶのは、もはや当たり前の日常の光景です。また、最近はトップアマやプロを中心に「フォアー!」がさらに変化し、「ファー!」という呼びかけもかなり普及しているようです。

プレー中に「危険」を叫ぶ癖を身につけよう

ゴルフは紳士のスポーツといわれるように、マナーを非常に重視するスポーツです。特に「ファー!」は、安全にプレーするために必要なマナーであり、安全確保という意味でも非常に大切です。プレー中は初心者、ベテランに関わらず、ミスショットが他のホールや人がいる場所にボールが飛んでしまうことが多々あります。また、ゴルフ場のコース管理スタッフや従業員がコース内を歩いている場合もあるかもしれません。そんな時は、「ファー!」という掛け声を一言発してあげることで最悪の事故を未然に防ぐことができるかもしれません。

一流のプロが実践していること

最後に一言。プロゴルファーのタイガーウッズ選手などが、テレビ中継で「ファー!」の後に「フォア・ライト!」とか「フォア・レフト!」といったような感じで具体的な方向まで、前方のプレイヤーに示している光景を目にすることがあります。広いゴルフ場では、右往左往している中、「右!」や「左!」などと叫んでくれると、それを避ける方はとても、動きやすいですよね。ラウンド中に「フォアー!」と叫ぶ機会がある時は、具体的な「方向」まで前方のプレイヤーに示してあげましょう。