ゴルフのラウンドを回る前に知っておきたいマナーとは?

ゴルフは紳士的なスポーツ。上手いプレーができるかどうかより、周囲に迷惑をかけないマナーが備わっていることが大前提です。今回はコースでプレーする前に知っておきたいマナーをコースの区分ごとにまとめました。

ティーグラウンドでのマナーを押さえよう

ティーグラウンドはショットを打つ人の他にも同伴競技者やキャディーなどたくさんの人が集まっている場所です。次のプレーの準備や会話などでザワつくことが多く、その騒音がプレーの邪魔になってしまうことがあります。準備の際は周囲への音の配慮が必要です。

さらに、ショットを打つ人のプレー線上に立ってはいけません。邪魔にならない位置に立ち、視界内での動作は控えましょう。

また、スムーズな流れでプレーできるよう、打つ際はティーアップからショットまでの動作をモタモタしないことも大切。ゴルフではスピードプレーを心掛けましょう。

フェアウェイ上でのマナーを押さえよう

ラウンドを回る際、カートからクラブを持ってセカンドショットに向かったものの距離が合わず、クラブを変えに再度カートへ戻る… こんなことをしていてはスロープレーだと言われかねません。セカンドショットからはクラブとボールを複数持って移動しましょう。

また、ラウンドを回っていると進行の遅い前の組が前方に見えることがあります。そこでショットを打つとボールが人に当たる可能性があり危険です。さらに音で驚かせてしまうこともありますので、しばらく待つようにしましょう。スピードプレーが重要とはいえ、ゴルフに焦りは禁物です。

バンカーの上でのマナーを押さえよう

バンカーはハザードの一種。ハザード内ではクラブを地面につけたり手で砂に触れることが禁止されています。足場を固めるために行うものに限っては許されるので、それ以外では触れないようにしましょう。

プロの試合などを見ても分かるように、バンカー内でプレーした際は砂が散ります。ショットしたら、後にプレーする人のためにバンカーレーキで砂を元の状態に戻すのがマナーです。

使用後のバンカーレーキは後続のボールが当たらないようコースの方向に沿って置きましょう。

グリーン上でのマナーを押さえよう

グリーンにボールが乗ったら必ずマーカーをしましょう。他の競技者のボールの進行を妨げる位置になくても、視界に入ると集中できないという人がいるためです。

仮に置いていて打球が当たった場合、打った人にペナルティが科せられてしまうという事態も招きますので、徹底しましょう。

マーカーをした後も要注意。適当に歩いて戻る人がよくいますが、これはマナー違反です。グリーンの上を歩く際は、他の競技者のボールが通ると予想される線上を踏んで歩かないように注意しましょう。 また、ここでも声や音を立てないようにしなければいけません。動作なども厳禁です。

今回紹介したマナーを確認し、エチケット違反をしないようマナーを心得てラウンドを回りましょう。