ルールの1つ!ゴルフのギブアップってなに?

皆さんは、ゴルフのルールについてどのくらい知っていますか?今回はギブアップの仕組みを紹介したいと思います。ギブアップはあくまでローカルルールですが、活用次第ではゲームをより楽しくすることができます。

ルールをしっかり覚えて楽しいゴルフ

今回はゴルフのルールの一つである、ギブアップについて紹介をしていきます。他の球技とは違い、しっかりと自分でやりたいことをイメージしながら出来るということで人気を集めているスポーツです。仕事上の付き合いや、娯楽などでよく楽しまれているゴルフですが、ルールをしっかり覚えなければ楽しむことは出来ません。他の球技などとは異なり、少しルールが複雑な所があるスポーツでもあります。

しっかりとルールを覚えて、ゴルフの腕もしっかりと上げて、充実したゴルフライフを満喫しましょう。

ゴルフのルールの一つである、ギブアップ

ここからゴルフのルールの一つであるギブアップについて本格的に説明を始めます。

まず簡潔に説明すると、このルールはゴルフの各コースによって定められている規定打数というものがあります。その規定打数の3倍にあたる打数のショットを打ってしまった場合、その打ったプレイヤーが宣言することでギブアップとなります。

これが宣言された場合は、コースプレイは中断されて、そのホールは終了ということになります。ここで勘違いしてはいけないのは、ギブアップというルールは公式に定められたルールではないということです。

ビギナーのギブアップというものがあります

一般にゴルフの初心者であると言われているビギナープレイヤーですが、そのビギナーにもギブアップというものがあるのをご存知ですか?

一般的にはローカルルールと言われていますが、通常であれば規定打数の3倍に至った場合に宣言することが可能ですが、ビギナーの場合はゴルフのコースに出て間もないため、適切な打数でギブアップをあらかじめ決めておくのも大事な事です。

こういったローカルルールは他のプレイヤーなどに常に気を配って柔軟に対応して、楽しいゴルフをしてみてはいかがでしょうか。

ギブアップをする際に注意しなければならないこと

最後にギブアップをする際に注意しなければならないことについて紹介します。

今まで紹介したように、ギブアップというルールはローカルルールであるため、安易に頼って良いルールではありません。普段から、安易にこのルールに頼っていると、競技会などが行われた際に痛い目に遭ってしまうかもしれません。ギブアップが公式に認められていないルールであることを、意外に知らないプレイヤーが多いのです。

競技会などのゴルフの大会に参加する際には、公式ルールに従い、他のプレイヤーに迷惑をかけないようにプレーしましょう。