スニーカーはNG?知らなきゃ恥かくゴルフ場の靴マナー集

ゴルフで使用するシューズは行き帰りやクラブハウスでは革靴を、ゴルフ場ではソフトスパイクが付いたスニーカータイプのシューズを履くのが基本です。マナーに合うだけでなく、歩きやすくてショットもしやすいというメリットもあるため、プレーに集中することができます。

ゴルフ場でスニーカーを履いてプレーしても良いの?

多くのスポーツにはユニフォームや制服がありますが、ゴルフには決められた服装はありません。メーカー各社がウェアを販売していますし、ポロシャツとスラックスが基本の格好です。ただ、ゴルフ場でも練習場でも、ルールに沿い、他者に不快感を与えない服装でプレーしなければなりません。

また、例外は靴であり、特にプレー中に履くものに関してはゴルフのルールやマナーで履けるものと履けないものの違いが明確に定められています。ゴルフで使用する靴はビジネスシューズのようにフォーマルで硬い材質のものでも、スニーカーのようなカジュアルなものでもなく、芝生にフィットするゴルフ専用のシューズを履くことが決められています。スニーカータイプのシューズは見た目はスニーカーに似ていますが、仕様は全く異なります。

ゴルフ場に行くまではスニーカーを履いていても良い

プレー中はゴルフシューズを履くように定められていますが、行き帰りやクラブハウスの中では、別の靴を履いていても構いません。ゴルフ場によって規則が異なるので、一概には判断できませんが、カジュアルなスニーカーを許可しているところもあります。ただし、最近は品位を保つために、革靴での来場を求めるところ増えてきています。

ゴルフ場ではなく練習場であれば、スニーカーを履いて、そのまま練習しても構いません。練習場は気軽に練習するための場所ですから、マナーは厳格ではありませんし、芝生が整備されていないことも多く、かえってスパイク付きのゴルフシューズでは床を傷付けるおそれがあるためです。

ゴルフ場で欠かせない、スニーカーに似たゴルフシューズとは

ゴルフ場に到着してクラブハウスに入り、いよいよプレーするという段階になると、スニーカーや革靴からゴルフシューズに履き替えます。先ほど述べたように、ゴルフ専用のシューズの外見はスニーカーまたは革靴に似ていますが、機能は異なります。

まず、底にスパイク(鋲)がいくつも付いています。ゴルフ場の芝生は見た目以上に滑りやすいため、正確なショットを行うためには、足を地面に固定する必要があるのです。

多くは一般的な靴と同じく、紐を結ぶ形式ですが、中にはダイヤルを操作するだけで引き締まるものもあり、紐の緩みを気にせずにプレーできるというメリットがあります。

高機能のスニーカータイプのシューズがゴルフ場のマナーにも合う

ゴルフシューズには、外見がスニーカーに似たものと、革靴に似たものの2種類があります。また、スパイクの種類にも金属製の「メタルスパイク」と、プラスチック製の「ソフトスパイク」がありますし、ほとんどスニーカーと変わらない「スパイクレス」のシューズもあります。

多くのゴルフ場には、「メタルスパイクの使用を禁止し、ソフトスパイクを推奨する」というマナーがあり、使用方法についてはゴルフ場のホームページでも確認できます。メタルスパイクのほうが地面への密着性は高いですが、芝生を傷付けてやすいです。

ソフトスパイクを装着したスニーカータイプのシューズならば、ゴルフ場のマナーに合いますし、軽いうえに装着性も高く、見た目もカジュアルでプレーしやすいですから、初心者から上級者まで多くの人におすすめです。