ゴルフってどんなスポーツ?ルールまとめ【ペナルティ編】

ゴルフには打数がプラスになってしまうルールがあります。今回は打数がプラスになってしまうペナルティをまとめました。

ペナルティになってしまった場合

ペナルティ

ペナルティを受けたプレーヤーは、ゴルフボールを元の位置に戻すか、打ったゴルフボールが止まった位置でプレーを続行します。ゴルフボールを元の位置に戻す、止まった位置でプレーを続行するかはペナルティによって異なります。

打数が+1になってしまった打数の計算は、1打目でプラス1のペナルティをしてしまった場合、次の打数は3打目として計算します。

打数が+1になってしまうルール

ゴルフルール

▼ ゴルフボールがOBに入ってしまった

OBにゴルフボールが入ってしまった場合、+1打して元の位置でボールを打ち直します。1打目でOBに入ってしまった場合、次は3打目としてプレーを続行します。

▼ ゴルフボールがウォーターハザード、ラテラルハザードに入ってしまった

救済措置として打数を+1して、プレーした位置のできるだけ近くでボールを打ち直すことができます。

▼ 素振り中にクラブヘッドにボールが触れて転がってしまった

素振り中にクラブヘッドにボールが触れて転がってしまった場合、元の位置にボールを戻して打ち直します。

▼ 自分のゴルフボールをうっかり蹴ってしまった

元の位置にボールを戻して打ち直します。

▼ グリーン上でマークをしないでボールを拾ってしまった

グリーン上でマークをしないでボールを拾ってしまった場合、元の位置にボールを戻して打ち直します。

打数が+2になってしまうルール

ゴルフルール

▼ ティーマーカー(※1)から離れた場所からティーショット(※2)を打ってしまった

ティーマーカーの範囲はゴルフクラブ2本分です。

※1 ホールの第1打目でボールをティーの乗せる場所を決める目印

※2 ホールの第1打目のショット

▼ 人のボールを打ってしまった

正しい自分のボールでプレーを続行します。

▼ クラブを忘れたので取りに戻りプレーを遅らせた

クラブを忘れるといった不当な理由でプレーを遅らせた場合、ペナルティを受けた後、プレーを続行します。

▼ ほかのプレーヤーへアドバイス

ほかのプレーヤーにアドバイスをすることやアドバイスを要求した場合、ペナルティを受けた後、プレーを続行します。

公式試合や厳格なコンペなどで失格となってしまうルール

ゴルフラウンドルール

▼ 実際の打数よりも低い打数を申告した

意図的、うっかりであっても実際の打数よりも低い打数を申告した場合、失格となってしまいます。

プライベートのゴルフであれば失格とはなりませんが、コンペの場合賞品が出ることが多いので、打数をごまかすのはマナー違反です。

▼ ゴルフ開始時間に遅れてしまった

正当な理由がない限り、失格となってしまいゴルフをプレーすることはできません。

プライベートのゴルフであれば失格とはなりませんが、ゴルフ場やほかのプレーヤーに迷惑をかけるので、遅刻をしないようにしましょう。

競技ではなく、友人とのゴルフでも低い打数を申告することや開始時間に遅れることはマナーとして良くないので、気を付けて楽しくゴルフをプレーしましょう!