スロープレー厳禁!ゴルフのロストボールのルールとは?

ゴルフはマナーとしてプレーファストが重要です。ボールを探し続けるとプレーの進行が滞ってしまいます。今回はゴルフのロストボールのルールをまとめました。

ロストボールとは?

ロストボールとは、プレー中にボールを一以内に見つけられないときのことをいいます。ロストボールは探し続けるとプレーの進行が滞り、ゴルフのマナーで重要なプレーファストができなくなってしまいます。ロストボールのペナルティは1罰打です。

制限時間は5分以内

芝がフェアウェイと比べて長いラフにボールを打ち込んだ場合、ほかの区域と比べてボールを探すのに時間がかかってしまいます。そのため、見つからないからといってずっと探しているとプレーの進行が滞ってしまうため、ボールを探すのは5分以内と定められています。

暫定球あり

ボールを探す時間を節約するために暫定球というルールがあります。暫定球は+1打して始めのボールを、最後にプレーしてところのできるだけ近くに置いて、プレーを再開することができます。そのためゴルフに慣れていない内はボールを多めに持っていくと良いでしょう。

ロストボールは見切りをつけるのが大切

自分のボールが気に入っているものだと、5分以上探したくなりますが、どうしても見つからないときは、暫定球でプレーを再開するといった見切りをつけることが大切です。ムキになって探し続けるとほかのプレーヤーや後続の組に迷惑がかかるので、気を付けましょう。