ダイエットに最適!?ゴルフで消費するカロリーについて調べてみた

ゴルフはダイエット効果が高いスポーツです。歩いてコースを回った場合、1ラウンドで600から900キロカロリーを消費します。また、頭を使うスポーツのため、適度なストレスを感じることができます。適度なストレスは、ダイエットに効果的です。

1ラウンドでどのくらいのカロリーを消費するの?

ゴルフはコースを回ると、自然と触れ合いながら、たくさん歩くこともできて、気持ちよく運動できます。ゴルフ場のコースは8000ヤード前後です。メートルで表すと7200メートルほどになります。ラフにボールを外したり、OBを出したりすることもあるので、カートを使用しなければ8キロメートルほどの歩行距離になるのではないでしょうか。この場合の消費カロリーは約370キロカロリーです。ショットの運動量を合わせると1ラウンドで600から900キロカロリーを消費すると言われています。

カートに乗るか歩くかでカロリー消費はどのくらい違う?

ダイエットを実行したいのであれば、当然カートを使用しないで歩くのがオススメです。前述のように、コースを歩くだけで約370キロカロリーが消費されます。カートを使用した場合、歩く量は3分の1程度に減ってしまうため、歩行によるカロリー消費は、120キロカロリー程度です。すると、1ラウンドのカロリー消費が歩く場合と比べ、3?4割ほど減少してしまいます。この減少分は、縄跳びを25分程度行ったときの運動量です。

ゴルフで効率的にダイエットするにはどうしたら良い?

効率的にダイエットを行うには、やはり歩くことが重要です。先ほど紹介したように、カートを利用するのとしないのでは、とても消費カロリーに差が出ます。歩いた方が、距離感を身体で覚えることができて、ゴルフの上達にも役立ちます。また、ダイエットには、綺麗なフォームで打つことも重要です。腰をしっかりと回転させたフォームは、ウエスト周辺を引き締める効果があり、くびれのある美しいスタイルを手に入れることができます。下半身に意識を集中してスイングすると効果も高まります。

ゴルフは頭脳を使うスポーツ!

ゴルフは、飛距離によるクラブの選択や、その日の風向きによる弾道の考慮、天候による芝の状態など様々な条件を考慮しながらプレーするスポーツです。つまりとても、頭脳を使うスポーツと言えます。常に、理想のフォームでショットするための集中力も必要です。これらは、良い意味でのストレスとなり、ダイエットの効果もあります。しかし、大自然の中でプレーができるので、ストレスを感じていることを自分自身は自覚しない場合がほとんどです。