ゴルフ保険に加入する時に付加したい特約とは?

ゴルファー保険は、プレー中に起こり得る可能性の高い事故や費用を保障してくれるものです。今回はゴルフ保険に加入する際に付加したい特約についてまとめました。

ゴルフ保険とは?

プレー中や練習中、または指導中に生じた事故を対象として、加入者自身の怪我やゴルフ用品の盗難、クラブの破損、他人に対して障害を与えてしまった場合の賠償責任を保障するものです。また、ホールインワン・アルバトロスの達成時には、祝賀会や記念コンペ大会が行われる慣習がありますが、そこで発生する様々な不測の費用についても保障されています。

「掛け捨て」方式で保障期間が短いものが一般的で、中には1日だけのものもありますが、プレー開始時に加入してもそのプレーについては保障の対象となりませんので、注意が必要です。

ホールインワン・アルバトロス費用補償特約とは?

ホールインワン・アルバトロス保障特約は、日本国内にあり9ホール以上を有するゴルフ場を利用している時に、ホールインワンまたはアルバトロスを達成した場合に発生する可能性のある、多額の費用を保障するものです。祝賀会や記念コンペ大会の開催費用の他、一緒にプレーしたプレーヤーやキャディーへの記念品代、記念植樹費用などがこれに含まれます。

ただし、請求する場合には、ホールインワンまたはアルバトロスの証明書や、費用支払いの領収書が必要なので、忘れずに受け取るようにしてください。

ゴルファー傷害補償特約とは?

ゴルファー障害保証特約とは、被保険者がゴルフ場の敷地内で練習や競技、指導中に怪我を負った場合に、保険金が支払われるものです。また、この時の怪我が原因で後遺症が生じた場合は、その程度に応じた金額が支払われます。ただし、この時に支払われる金額は、保険期間を通じて合算した障害保険金額が上限となります。

このほか、この時の怪我が原因で入院や通院が必要になった場合にも支払いを受けることが出来ますが、いずれの場合にしても事故発生から180日以内のものに限るなど、期間が限定されているので注意してください。

ゴルフ用品補償特約とは?

国内外のゴルフ場や練習場での敷地内で、クラブの破損や曲損事故が生じた場合、またはゴルフ用品の盗難にあった場合に、修理費用などの損害額相当の支払いを受けることが出来る特約です。ただし、時計や財布、貴金属、ハンドバッグといった携行品の盗難は保障範囲内ではないので、支払いを受けることが出来ません。

ボールについては、その他の保険金支払い対象用品と同時に盗難された場合に限り、支払いを受けることが出来ます。

また、盗難事故が発生した場合に、警察への届け出がないと支払いを受けることは出来ません。

自分自身の怪我だけではなく、誤って他人を傷つけてしまった場合や盗難・損害などの事故にあった場合、またホールインワン・アルバトロス費用の負担といった、幅広い保障内容となっています。

支払いを受けるためには様々な条件をクリアする必要がありますので、契約内容をしっかりと確認しておくことが大切ですが、プレー機会の多い方にとっては万が一の場合に備えてぜひ加入をしておくことを推奨致します。