ゴルフが原因で起きた筋肉痛の治し方と起こる場合の原因まとめ

ゴルフをした後に筋肉痛にならないのが一番ですが、なってしまったらサポーターや食事に注目して速やかな回復を促しましょう。今回はゴルフでできる筋肉痛の原因と治し方についてまとめました。

そもそもどうして筋肉痛になるの?

ゴルフによる筋肉痛はスイングの時に力を入れ過ぎることで起こります。しかし、プレーを重ねるうちに力を抜いてスイングできるようになれば筋肉痛になりにくくなります。不思議に思われるかもしれませんが、上級者になるとたくさん打ったとしても筋肉痛になることはありません。

また、普段から運動不足であれば移動による筋肉痛もあり得ます。ゴルフに夢中になると気づかないかもしれませんが、ラウンドをすると結構な距離を歩くため意外と体に負担がかかります。

プレー後のストレッチで回復時間が変わる?

筋肉を使った後には疲労物質である乳酸をいち早く筋肉から送り出すことが回復の秘訣です。運動後に疲れのたまった部位の血流を促すためにストレッチを行いましょう。ストレッチを行うことで筋肉が凝り固まることを防ぐとともに疲労物質を血液が流してくれるので翌日以降の疲労軽減が期待できます。ストレッチというと運動前に行うものと思われるかもしれませんが、体のケアのためにもプレー後も欠かさず行いましょう。

筋肉痛に効果のあるサポーターとは

実際に筋肉痛になってしまった場合にはサポーターを付けるとよいでしょう。サポーターで部位の固定をすることで筋肉の負担を和らげるとともに保温効果による回復促進効果も期待できます。最近ではチタンや磁気物質を含有しているもの、通気性に優れたものなど、機能性を重視したサポーターも発売されています。そうした機能性のあるサポーターであればより回復効果が望めたり、快適な装着感が得られたりしますので、サポーターの購入を考える際にはぜひチェックしてみてください。

筋肉痛が早く治る食事メニューとは

筋肉痛の回復にはたんぱく質の摂取が欠かせません。肉や魚、卵などのたんぱく質を含む食品を積極的に摂取しましょう。また、たんぱく質の代謝を助けてくれるビタミンB1も合わせて摂取するとなおよいです。ビタミンB1はレバーや豚肉に多く含まれています。そのため、運動後には豚肉を摂取するようにするとたんぱく質とビタミンB1の両方が摂取できます。他にもプロテインなどのサプリメントを普段の食事に追加してたんぱく質を多く摂取するのもよいでしょう。

運動後のストレッチも欠かさずに行うのがベターです。