暑さに負けない!夏のゴルフで気をつけたいポイントって?

ゴルフは紳士のスポーツとして有名ですが、最近は女性向けのゴルフウェアもたくさんあります。夏と冬、季節に合った服装をきちんと選ぶことでマナーを守りつつ、楽しくゴルフをプレイしましょう。

暑さ対策と紫外線対策の服装やポイント

ゴルフは1年中楽しめるスポーツですが、屋外スポーツのため、過ごしやすい季節である春や秋に人気が集中します。

したがって、春先や秋口の季節はなかなか、ゴルフ場を予約できなかったり、コースに入れても人でいっぱいだったという経験がある方も少なくないでしょう。

比べて、夏や冬場は人が少ない傾向にあります。そういった穴場の時期にはコース料金が安くなっていたり、人が少ないのでプレイしやすい時期でもあります。

そんなお得な夏の暑い時期を少しでも快適にゴルフを楽しむためのコツや服装などがあります。冬よりも夏のほうが、服装も乱れがちになりますので、正しい服装とマナーを身に付けましょう。

夏こそインナーにこだわって暑さ対策!

ゴルフ場は日光をさえぎる場所が少なく、夏になると地面の照り返しなどでさらに体感気温は上昇します。そこで、なるべく薄着になれば涼しいかというと、そうではありません。実は夏こそインナーを着たほうがいいのです。インナーを選ぶ際に気をつけるべきポイントは、スポーツ専用などの汗の吸収効果が高いものを選ぶことです。生地がメッシュになっているものだと通気性が高く、伸縮性も良いのでスイングなどのフォームをとりやすい効果もあります。また、UV加工を施されたインナーなどもありますので、日焼けを気にする女性であれば、たまには使ってみるのもいいしょう。

女性必見!実は長袖のほうが涼しい?

ゴルフでの服装マナーは、襟のあるシャツ着用が基本となります。女性は日焼けを気にする方が多いので、長袖をオススメします。長袖は紫外線対策が出来るほか、汗を吸ってくれるため、半袖よりもベタベタしにくいです。

また、夏にキャミソールやTシャツ、透ける素材の服を着ている人がいますが、首・肩などが露出する服装は望ましくありません。プレイを始める前に誰もが一度はクラブハウスに訪れます。クラブハウスはホテルでいうエントランスホールのようなもので、多くのクラブハウスは高級感のあるつくりになっています。そのような場所ではふさわしい服装であることが求められるため、露出度の高い服装はNGとされています。

ボトムや小物使いでも気をつけるポイント

ボトムもトップスと同じように、露出はいけません。女性も男性と同じように長いズボンが望ましいですが、夏場は暑いのでハーフパンツやスカートを着用する人もいます。

そんな時は、足が露出しないようにタイツやレギンス、ハイソックスを着用しましょう。また、短パンやミニスカートはマナー違反となるため、ボトムは短くても膝丈まであるものを着るようにしましょう。

ゴルフ場からクラブ内に入る場合には必ず帽子やサングラスは脱ぐのがマナーです。靴は、クラブハウスに戻る際は、ゴルフシューズから必ず、別の靴に履き替えましょう。夏だからといって、足先の見えるサンザルやミュールを履くのはマナー違反です。