ゴルフスキルを上げたい!上達に必要な筋肉はどこ?

ゴルフスキルを上げるためには、ふくらはぎの筋力や腹斜筋をつけることが大切です。今回はゴルフ上達のために鍛えたい筋肉についてまとめました。

下半身の要はふくらはぎの筋肉?

ゴルフ上達には、ある程度の筋力も必要です。良いスイングを行うためには下半身の安定性が課題となります。下半身の筋肉を鍛えるとフォームが安定するため、いつでも確実に飛ばしたい方向に球が飛ぶようになります。ダイナミックなスイングでクラブを振るためには、高速で回転する上体を支えられるだけの強靭な脚力が必要です。特にふくらはぎの筋肉をしっかりと鍛えておく必要があります。強靭なふくらはぎの筋肉をもっているゴルファーは、バンカーショットや傾斜地からのショットなど、強い負荷がかかる状況で抜群の成果を発揮します。ふくらはぎを鍛えるには、スクワットが有効です。はじめは、簡単なスクワットのポーズを取り、ゆっくりとクラブを振る練習を初めてみましょう。慣れてきたら、時たま爪先立ちでクラブを振ってみるのも良いかもしれません。

上半身に必要な筋肉は腹斜筋?

プロゴルファーが鍛えているのは、腹筋と腹斜筋です。トップからダウスイングに移行する切り返しで強い負荷がかかる筋肉でもある腹筋は体全体のバランスを整えるという点、スイングをよりスムーズにするためもしっかりと鍛えておく必要があります。傾斜地や粗地などでも安定したスイングが行えます。特に球がまっすぐ飛ばない人は、鍛えておいてもらいたい筋肉です。鍛え方は、一般的な腹筋運動で、仰向けの状態から、上半身を起こす動作を繰り返します。上半身を起こしたところで、腰を中心に左右に体をひねると腹斜筋も鍛えることができます。このトレーニングを行った後で、軽くクラブをスイングすると、その筋肉がいかにゴルフで使用しているかが実感できるはずです。

意外と重要な背筋と筋力トレーニングのコツ

スムーズなバックスイングを行うためには、背筋をトレーニングしておくことも重要です。猫背でスイングしてみると、スムーズにいかないことがわかります。ピンと背筋を張った正しいフォームを維持するためには背筋がポイントとなります。トレーニングの方法は、うつ伏せになり、手を頭の後ろに組んで反り返る動作を行います。この時に、背筋を意識することと、呼吸を意識することが重要です。ゆっくりと息を吐きながら反り返り、上限に達したところで息を止めます。数秒その状態を維持して、戻すと同時に息を吐く動作を繰り返しましょう。

飛距離のためにはリストを強化

飛距離を伸ばしたいと考えている人は、リストまわりのトレーニングがオススメです。手首の筋肉を鍛えるためにはまずは、握力をしっかりと強化して、それからリストを鍛えるドリルへと移行しましょう。このトレーニングで特に鍛えてほしいのは、利き腕とは逆の左手の握力です。普段あまり動かすことのない利き腕とは逆の左手のグリップ力を強化すれば、右手でボールをしゃくるような余計な動きもなくなりますし、結果極端なスライスボールが減り、まっすぐのストレートボールが出やすくなります。その他、インパクト時にクラブの力を効率的に球に伝えるにはスナップ力が重要です。スナップ力を挙げるカギは、手首の力を鍛えることが大切です。握力を鍛えるのと、手首を鍛えるのにはトレーニンググッズを使用するのが効果的です。握力はハンドグリップを使用し、手首はダンベルを使用すれば自宅でも十分なトレーニング効果を得られるでしょう。

背筋もトレーニングするとスムーズなスイングができます。リストの強化は飛距離向上につながります。