夏場の熱中症に注意!ゴルフ場での暑さ対策

ゴルフ場は多くの場合、山の上など不便な場所にあることが多いですが、自然が多いからと油断はできません。体調管理にしっかり、気を付けてプレーの前日は睡眠をきちんと取ると熱中症対策になります。当日の暑さ対策は念入りに準備しておくことが大切です。

ほぼ丸一日屋外のため、水分の準備はマスト

ゴルフ初心者の方の中には知らない方も多いのですが、ゴルフは基本、朝から昼過ぎまで、昼食以外の時間は常に屋外でのプレーとなります。そんな理由もあってか、真夏の時期は暑さ対策のために、早朝プレーも人気があります。まだ、日が出る前からゴルフを始めることで、気温が一番高い昼過ぎにはプレーを終えることができます。この時、どの時間帯でゴルフをプレーする場合も必ず水分を多めに持って行くことがポイントです。目安としては、前半に350ミリリットルのペットボトルを一本、後半に一本は最低でも補給するよう、心がけましょう。そんな時はなるだけ、お茶などではなく、水か、もしくはスポーツドリンクを飲んだ方が塩分も一緒に摂取できるため、疲労回復にも効果があります。

真夏はサンバイザーより、キャップなど帽子にチェンジ

ゴルフ場にはほとんど日陰がないため、直射日光を常に浴びている状態が続きます。ゴルフのプレー中は基本的に帽子着用がマナーですが、近年ではサンバイザーを身につけている方も徐々に増えてきています。しかし、真夏の暑さ対策のためにはサンバイザーよりも、キャップやハットなどでしっかり頭皮を守ることが熱中症を防ぐためには効果が期待できます。

帽子をかぶった結果、蒸れたり、熱がこもってしまうことを避けるためにたまに帽子を取って汗を拭いたり、熱を逃がすとなお、効果があります。帽子の色は黒など暗い色にすると光を集めてしまうので明るい色をあえて選択するのも良い方法でしょう。

冷やした濡れタオルをクーラーボックスに

ゴルフ場のカートには通常、クーラーボックスがついていることが多いです。クーラーボックスが設置してあると、とても便利なので予約時に確認しておくと良いでしょう。それ以外にも、あらかじめ濡れタオルを冷やした状態や凍らせた状態で持ち込んで、プレー中はクーラーボックスに入れておくと暑さ対策や体の火照りをうまく逃しきれない時など、首元にあてがうだけで体温を下げる効果が期待できます。この時、後頭部の下あたりに巻いておくと、ラウンド後の疲れ具合もぐっと変わってくるので前半用と後半2本持っていくとしっかり、暑さ対策できます。また、一緒にプレーする人の分も用意していけば、好感度もあがります。

熱さましのジェルシートが効果あり

濡れタオルの準備が面倒な時や、忘れた時など、役立つアイテムが熱を逃すジェルシートです。薬局やコンビニエンスストアなどでも簡単に購入できるため、ゴルフ場へ向かう途中などに購入して向かうと良いでしょう。ジェルシートは暑さ対策のために、首や足首に貼ると、プレー中に火照った体の熱を取ることができます。また、熱中症になる手前のだるさや、頭痛も和らげることができまるので、堂々と首や足首に貼ることが恥ずかしい場合や体調不良を隠したい場合などは額に貼ってキャップで隠すと周囲にバレず、ちょっとした熱中症対策にもなります。