ゴルフの暑さ対策の鉄板方法

夏場に楽しくゴルフをプレーするには暑さ対策が欠かせません。今回紹介した暑さ対策は、どれも気軽に試せて効果も高いです。しかし過信しすぎずに、こまめに水分補給をするなど、しっかりとした体調管理も大切です。今回は暑さ対策についてまとめました。

基本は帽子とサングラスで熱中症対策

炎天下のゴルフ場はうだるような暑さです。暑さ対策をせずにプレーしていると熱中症になります。真夏にプレーするときは帽子とサングラスを装着しましょう。頭部への陽射しを通すサンバイザーではなく、キャップが良いでしょう。

陽射しが強い場合は、目を紫外線から保護する必要もあります。また強い日差しは、目を通して脳を興奮させます。脳が興奮すると体温が上がりやすくなるので注意が必要です。サングラスを装着すれば直射日光だけでなく、グリーンの照り返しも防げます。

ウェアの素材は速乾性のもの

汗には蒸発するときに体温を下げる働きがあります。ウェアに汗が溜まって蒸発しないと、体温は上がる一方です。そのため夏場にプレーする場合は、速乾性が高いウェアが良いでしょう。速乾性の素材は、繊維が他の素材と比べて細かいです。またメッシュ生地のように小さな穴が開いているものもあります。これらの作用によって、綿などの素材と比べて吸収性が高くなります。さらに通気性も高く、吸収した汗はすぐに蒸発します。このように吸収と蒸発のサイクルが早いため、汗本来の体温調節の機能を邪魔しません。

ウェアは光を反射する色

夏に着るウェアを選ぶときは、色に注意しましょう。白をベースとした淡い色のウェアを選ぶと良いです。淡い色は光を反射するので、ウェア内の温度が上がりにくくなります。黒や紺などの濃い色のウェアには紫外線を通しにくいメリットがありますが、熱を吸収してしまうデメリットもあります。そのため暑さ対策としては、淡い色のウェアが適しています。熱と紫外線の両方を防ぎたい場合は、日焼け止めを併用するか、UVカット加工がされている淡い色のウェアを選ぶと良いでしょう。

冷感グッズで気軽にクールダウンも

暑さ対策には冷感グッズも有効です。冷感グッズにはいろいろな種類があります。例えば、ネッククーラーはプレーを阻害することなく涼を取れるので、多くのゴルフプレイヤーが愛用しています。保冷材を入れるタイプや濡らして使うタイプがあります。また、冷感スプレーも簡単に使えるので一本携帯しておくと便利です。直接肌に使用するだけでなく、ウェアや帽子に吹き付けるタイプもあります。他にも携帯用の扇風機など、多くの種類の冷感グッズがあるので、自分のプレイスタイルに合った使いやすいものを選ぶと良いでしょう。