スコアアップに欠かせない!?ゴルフのイメージトレーニングの重要性

ゴルフはより鮮明なイメージトレーニングをすることで、スコアアップにつながります。イメージトレーニングする際は、全てがナイスショットではなくミスショットもイメージすることで効果があります。今回はゴルフでのイメージトレーニングについてまとめました。

イメージトレーニングでスコアは上がる?

イメージトレーニングとは、実際に体を動かすことなく頭の中で自分の動作を思い描くトレーニング方法です。人の脳は、実際に起きていることと、想像の中で起きていることの区別をつけることができないため、イメージトレーニングを行うことで、実際のプレーに役立てることができます。

イメージトレーニングをしているプロゴルファーも多く、今いる自分とは別の鮮明に椎体ショットとスイングをイメージすることで、理想のショットを行っています。

ショットを打つ前から既に理想の目標地点にボールを運んだことを体験することは、思ったとおりのスイングができやすいため、スコアアップにつながります。

リアルなイメージトレーニングをする

イメージすることと、実際にコースを読んでスイングを決めることは異なります。現実的なイメージを実際のゴルフ場でのプレーで同様にスイングすることは難しいです。

イメージトレーニングをするときは、コースを読むのではなく、突き詰めてイメージトレーニングをするようにしましょう。全てが上手くいくショットではなく、ミスショットもイメージトレーニングに組み込むことでより現実的なイメージトレーニングをすることができます。

また、スイングのリズムやボールが飛ぶ時間、ボールが転がる時間など、イメージトレーニングに時間の概念も取り組むことで、実際のゴルフ場でのプレーも同じようにプレーできます。

イメージトレーニングをしながら練習することが大切

練習時もイメージトレーニングをしながら練習しましょう。何も考えずにボールを打って言いた場合、ナイスショットとミスショットの区別がつきにくくなります。

ゴルフ練習場などで、ボールを打つときにどの目標地点に運ぶ、軌道はどのように描くか、スイング軌道なども全てイメージしてから打つようにしましょう。スイングに集中でき、実際のゴルフ場でのプレー時も自然にイメージができます。

イメージトレーニングができるようになった後はより明確なイメージを持つようにしましょう。実際のゴルフ場のコースを見ながら練習することで、より明確なイメージを持つことができます。

自分の弱さを知ってイメージトレーニングを行う

イメージトレーニングをする場合、全てがナイスショットのイメージをするのではなく、自分の苦手な部分や弱いところを考えながらイメージトレーニングをするようにしましょう。

自分の弱さを知ることで失敗した後のリカバリーショットのイメージトレーニングをしやすくなります。一度つまずいた後は、いかにリカバリーできるかが重要です。

イメージトレーニングすることはスコアアップにつながります。今回紹介したポイントを確認し、スコアアップを目指しましょう!